マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

電気工事ともう一つの軒

軒天張ったりしてる時期に電気屋さん(同級生)も電気の配線に来てくれてました。


電気屋さんと水道屋さんには、おおよその電気と水道の雰囲気を伝えるイメージ図を渡してある。

これはかなり初期の頃の設計イメージ図のトキに書いたおおよその電気水道のイメージ。
なので、ここから多少変更はあるが、どう変更するかまだ具体的に考えてない。
(一応素人なりにコンセントとかスイッチとかの記号をそれっぽく真似事してるオレ)


イメージ図に「エアコン用」とかあるが、そもそもアウトドアを楽しむための小屋(ベース)にエアコンなんていらない。軟弱なこと言ってんじゃねーよ、エアコンの暮らしが欲しいなら家にいろよ、と聞こえて来ます。わかりますわかります。


が、将来取り壊しが決まっている職場のエアコンがまだそんなに古くなくてもったいないので、廃棄するくらいなら持って来るか、と一応書き込んであるのです。
ホントにココにエアコン設置するかどうか葛藤はありますし、誰かにあげちゃうかもしれません。



電気屋さんは「せっかくセルフビルドしてるんだから、電気関係も自分でやりたいでしょ?」と思ってくれていて「教えるから自分でやってみ?」的なありがたいお言葉も頂けてた。


(ここは一旦アレです、法律とかナニなことはさておきで。)


現場が遠いので「うん、何度も来てもらうのも悪いし、出来るだけ迷惑かからないように自分でやれることはやるようにするね。何も知らないから教えてね」と。


ただ次にボソッと言った一言を聞き逃しませんでした。


「まあ教えながらやる方が多分時間かかるけど・・・」


!!!


「そっかー。そりゃそうですよね?人に教えながらやる方がそりゃ時間かかりますよね?」


こっからオレのターン。


「オレどうしても全部自分でやりたいとか思ってないからっ!全然思ってないからっ。電気とか水道とか全然自分でやってなくても人には「コレ全部自分で作った」って言うからっ!てか、今あまりに色々大変で並行して電気とか脳がもうまじムリな状況だからっ!オームとかアンペアとかワットとかボルトとか3路回路とか今言われたら出家するかもしれないからっ!GOですっ!GO!どうかやっちゃってください・・・どうか・・・」


と、一気にまくしたてる。(これ仕事の依頼です)


で、

一人黙々と配線をする電気屋さん。(当たり前ですが仕事としてやってもらってます。ものすごく安くやってくれてるけど・・)



電気屋さん仕事早いの何の。すげー丁寧だし。やったところの掃除もとても几帳面に。(掃除くらいこの下僕がやりますからと、何度言ってもやってくれちゃう)


何だったらやる前よりキレイになってる。すまんキタナイ現場で。
これぞThe職人さん。

一応配線をむくためのナイフとか買ってあったけど封も切ってません。

ああああ。あの何本も束ねてあるヤツ何がどうなってるのか分かってるの?
天才ですか?電気屋さん。
てか合板のシミがとても恥ずかしい・・・。いやぁぁぁ恥ずかしいシミ見ないでぇぇ、と電気屋さんに伝えたい。アレは無知なバカによる事故だったと詳しく解説したい。

あっという間に自分のやるべきコトを信じられないスピードで進めちゃう電気屋さん。
ちょ、もう少し周り(オレら)のペースにアレしないとwww


チンタラしてられないので慌てて後ろの軒も同じフローリングを張るオレ。

ピサの斜塔ばりの脚立。こわい。
ここは親方(ヨメ)には作業させられない場所なのでオレ一人で。
ホントここは足場ないとダメだってば、と何度も何度も泣きごと言った。


もうこっちは列ごとに合わせ目をズラしてとか、かわいいこだわり(オレなりの職人魂)はなかったことに。
電気屋さんに追い立てられている上に、足元が不安定でこだわってられないのだ。
早くココ終わらせたい。ただその一心。

ん・・・。でも揃っちゃうの気になるよなぁ。

あと2列ほどで終わりというトコロでハッと気づく。

破風板、すげえ邪魔・・・。


んもう!
あんなに危ない思いして一人でやったのに!


一回破風取り外して残りの軒天張ってからまた付け直しだな・・。
オッケー。とりあえず面倒ごとは後回し。



まだまだ道のりは果てしなーく長い。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。