マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

自作ホームシアターの完成(仮)

フローリングを貼り終えた。
つ・い・に
フローリングを貼り終えたんですよ。


皆さんからのコメントも「おめでとう」の嵐で感謝感激。
なんだか完全に完成した気分でいるオレです。こんにちは。


何ていうの?燃え尽き症候群?


もう終わりでいいのかな?と。
皆んながアレだけ「おめでとう」言うからにはもう完成だな、と。


水曜夜(ヨメは疲れてるし雨の予報で行く気ZERO~)一人で山へ行こうと思っていたが、思ったよりオレも体疲れてるし、楽天マラソンがこの日までだったので、山で取り急ぎ必要そうなものをポチりたい。


そしてそれは親方(ヨメ)の許可制だ。
結局夜に山へ行かずにヨメと楽天で色々探して、(木曜も雨予報なので)木曜朝チロルと親方を置いてオレ一人で山へ。


雨だったら水着に着替えて(夏気分で)デッキの掃除してくるぜ。
雨があがったら(またとんでもない増殖をしている)草刈りをしてくるぜ。


じゃあ行ってくるぜ。ああ、今日は帰らねえぞ?
明日山から仕事行くぜ。
チロたんと離れるのは寂しいけど、別居だ、ベッキョ。
あばよー。


マウンテンベースに着いたら・・・

雨・・・。


はともかく。
何やら梯子やアンテナがデッキに。


まさか・・・


サル


のわけなく、電気屋さん(同級生)がウチらいないトキに来てくれてたみたい。
全然知らなかった。ホント申し訳ない!!ありがとう。


えーと、今日雨なら何をするんだっけ?
ああ、水着に着替えて夏気分でデッキ掃除ね。


バカ言ってんじゃねえ。


さみーよ。
メチャクチャさみーって。


何が夏気分だよ。もう秋だ、秋。


そんじゃあ仕方ないね、と

フローリングを貼り終えた快適な空間から外を眺めながら、ブログのコメント返したり、AbemaTVで麻雀みたり、ラジバンダリ。


ああ、そういえばトイレットペーパーホルダーが届いていたので

位置を確認してみたが、これも親方(ヨメ)の許可を貰った方がいいな。
勝手につけてから後で「ええー!そこじゃなーい」とかゴメンだ。
保留。


タイルと同じくサンワカンパニー70%オフの巾木も届いてたので開封の儀。

mあたり120円。

ホントは白か濃い焦げ茶がいいかな、と思っていたがタイル同様値段に負けた。
気に入らなければ塗ればいいよね。
仮置きしてみたら、アレでもいいんじゃないか、と。
これも親方に要確認。
(結局親方いないと何も進まないじゃないか!とか聞こえねえぞ)


買ったものを開けて写真を撮っただけで一服。


してグダグダしてたら昼過ぎに


「おーい。いるかあ」


と電気屋さん(同級生)登場。


おおおお!こんな雨の中を。
そしていない時にまで来てくれてありがとう!!


「テレビのアンテナつけちゃおうかと思ったけど、雨だしオメエいるなら、中やっちゃうか?」と。


やっちゃう!やっちゃう!(燃え尽き症候群とか言ってる場合じゃねえ)
よろしくお願いします。


メインベース建築の途中で計画の変更して取り付けた自作ホームシアター。
壁の中にPF管を通して、プロジェクターやテレビ、5.1chスピーカーのコードが隠れるようにした。


まずは壁掛けテレビの裏の部分から。

テレビを外して壁に穴をあける(電気屋さんが。すげえキレイに開いてるでしょ?)
壁に通してあった色々を引っ張りだして、


スチール?とかいうPF管の中を誘導して連れてくるガイドを差し込む

で、アンプ部分に到達したスチールにHDMIのケーブルを繋いで

テレビ側に送る。
同じくプロジェクター位置(天井)にもHDMIを送る。


プロジェクター位置のコンセントもカバーつけてなかったので

カバーもつけて


工事中ずっと仮設コンセントをつけてもらっていた、長らくお世話になった仮設コンセントを外して、エアコン部分もコンセントとカバーをつけてもらう。
(エアコンは職場で不要になるモノをどうするか検討中。今年の夏は雨ばっかで涼しくて当然エアコンなどいらない感じだが、かと言って捨てちゃうくらいなら、と)

ちょい一服して

後は5つあるスピーカーのケーブルを通しちゃうか。

アマゾンの割と安物スピーカーケーブル。30m。

フロント3つ、リア2つ。

5本通し終わって最後の一本がわずかに足りず・・・。
仮説の時に使ってたスピーカーケーブルを足してもらう。

オレだったら芯線だけ繋いでビニールテープで巻くところをさすがプロらしい繋ぎ方で!


オッケー。
ちょうどこの前日スピーカーをどう天井につけるかスターウォーズの友人来たトキに(ちなみにこの日もなんだかTシャツ貰ったwwwいずれ紹介します)相談したら、なるほど!っていうアイデアを頂いたので試したかったんだよ。


だからここ来る前金具買って来てたんだよね。


ホームセンターで買ったL字金具を合わせてみる。
ヤフオクで手に入れた5つセットで4500円のスピーカー。
音質より邪魔にならない大きさを優先。

スピーカーの裏にM5のネジ穴が開いてるのでそこに、こういう向きでL字をつける。
この向きがオレは思いつかなかった。
L字を反対側につけることばかり考えていた。
バカはちょっとの発想の転換ができない。
悩みすぎて最終的にオレ、スピーカーをマジックテープで天井にくっつけようかと思ってたくらい。
あぶねえ。よかった相談して。


さてつけちゃうか。

あ。
ネジが入らねえ・・・。

考えもしなかった。穴とネジのサイズ。

誰だてめえ、エラそうに。


ここはもう力技で

穴を広げたった。

オッケー。これでいいでしょう。
全ての金具を穴広げて

5個。スピーカーの向きがアレじゃない?と思うでしょ?

あの向きでONKYOのロゴ真っ直ぐなんよ。
もうぼちぼち暗くなって来たけど、電気屋さんが「お。もうテストに入るな?オレもちょっと見てみてえ」とか言うもんだから、急いで準備します。


その間に電気屋さんには、オレがバカすぎてスクリーン上部につけたコンセントに隙間が狭すぎてコンセント刺さらない問題を解決してもらう。


天井のコンセントにもちゃんとカバーをつけたった。

あの位置だと天井に向かってコンセントさせねえのよ。

これが厚みありすぎて。
電気屋さんにここをちょん切ってL字に曲がるコンセントにつけられないか相談。
色は黒じゃないけど車にソレあるからつけてみるか、と。
神かよ。

コンセントちょん切って

L字に折れるタイプに移植手術成功。
これでコンセントが刺せます。色は気に入らなければペンキ塗ります。


フローリングを張ったばかりでキレイなのでアンプ載せる棚の脚に

L字金具と一緒に買って来た

保護シリーズをつけとく。

傷防止の気遣い。だってまだフローリング新しいし。


天井にスピーカーをつけるのはもうちょい慎重にやるべきだが、電気屋さんが待ってるので慌ててつける。


リアスピーカーは天井材2列張ってないので下地にビス留め。(仮設)

スピーカーつけたらなおさら最後の天井材やらない予感が。
(合言葉は東京オリンピックまでにはやります、です)


フロントは天井材が15mm厚の木材なのでそのままビスで

若干飛び出た感じは否めないが、後で気に入らなければスクリーン取り外して付け直す。

▲夜撮影したのが黒くてわからなかったので、朝撮影の状況。
金具の向き的に少し飛び出る感じは否めないけど、気になるほどではない。

アンプを物置小屋から運んで設置

スピーカーやブルーレイ繋いで(電気屋さんは冷蔵庫のアースを取り付けちう)

おおおお!
音も!
音も全部のスピーカーからちゃんと出てます!(あたりまえ)

電気屋さん!これがウチ自慢の100インチホームシアターです。
(部屋が現場っぽいのは見ない方向で)


アウトドアを楽しむためのベースにつけました。
あなたのおかげです。
途中で面倒な作業を増やしたのに、イヤな顔一つせずにキレイで丁寧な仕事を本当にありがとう。
いつも遅くまで作業してくれてありがとう。


電気屋さんを見送って、ほんとは電気屋さん来なければスーパー買い出し行ってすき焼きでも食うか、と目論んでいたが、もう流石に面倒くさいので

小屋に備蓄の食料で。

豪華に魚肉ソーセージ付き。


そんじゃ、5.1chスピーカーで映画見て寝るか。
その前にMacに沢山データ保存してある映画も5.1chイケるか確認。

ノー。アイ アム ユア ファーザー。


バッチリ。ブルーレイ、DVD、データ保存の映画なんでもバッチコイ。


ちょっとうるさくて部屋にいられないレベルの爆音にして外に出てみる

大丈夫だ。
どっかに迷惑かかることはない。
いいぞ!


じゃあヨメが一緒なら見たがらない映画を見て寝るか。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ★★★★★

・最初劇場で見たときはアタマに「???」のみ。オレ何か見るべき話を飛ばしちゃったかな、と。

その後解説動画見て感動。一体どんな天才があそこまで考察してるんだろう。

アレなしじゃ全く理解できないとこだった。

早く最終話を頼みます。オレももういい歳だし。


おまけのチロル


ヨメ撮影のちょっとアタマの残念なオレシリーズ。

シノヤマ・オレ。もしくはオレ・キシン。
さあ、チロたんいい表情してよー

いいね、いいね!

もっとちょうだい!(なにを?)

もはやカメラを持つ手とカメラの向きすら何が何だか。

この技術を駆使して水着のお姉ちゃんとか撮影してみてえ。

撮影後のモデルとカメラマンの温度差・・・。
こんな旦那を持つヨメが気の毒になってきました。


今日も長々とお付き合いありがとう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。