マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

軽トラの全塗装をしてみよう Episode 6(最終章)

対エテ公汎用ヘビ型決戦兵器第3新ヤシマ作戦」と指揮官チロル。


さて、
全国的に超いいお天気の我が生誕祭の日。


前回記事で「続きはCMの後で!」「詳しくはWebで!」があまりに不評だったので、こっからは羯徒毘璐薫'狼琉で行きますよ?


念のためこのページから開いちゃったアナタのために振り返りの情報を。


軽トラ全塗装の記録はこちらから。

  1. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 1(計画編)

  2. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 2(サビ取り編)
  3. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 3(洗車&錆止め)
  4. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 3.1.1(足踏み編)
  5. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 4(塗装編)
  6. 軽トラの全塗装をしてみよう Episode 5(洗車&パーツ取り外し編)


越冬に成功した親方(ヨメ)が陽気に浮かれてゴソゴソと外に出てきたものの、つまらない部分はまるで手伝う気がないらしく、

アイスコーヒーと音楽で読書しておられる間に下っ端は、

チマチマチマチマチマチマとマスキング。


ムッキーーーーーーーーヽ(`Д´)ノ


チマチマチマチマチマチマ……

チマチマチマチマチマチマチマチマチマチマチマチマ……

やっとのコトでマスキング終了・・・。
マジで疲れた…。


あと…


そういえばココ。

見なかった事にしたいバッテリー置き場。


気は心で…

門扉・フェンス用の錆止めスプレーを吹いとく。

ダメな感じしかしねえ…ってのは皆さんと一緒の感想のオレです。


心配な部分は忘れることにして…
さあお楽しみはここから。


塗料を用意しましょう。
前回、シンナーを盛大にこぼしまくった反省から、

ベロ(25円)投入。


25円をミッチャクロン分と2つで50円。

▲第1種戦闘配備完了。

▲第2種戦闘配備完了。


この前、素手で塗装して手がエラい事になっちゃっちゃので、

今回は、

▲第3種戦闘配備完了。

アムロ、行きま〜す!

安西先生…シンナー、1滴もこぼれてません…。


▼ベロすげええええええいやああああ。

容器も大きめのをご用意。


一度にスプレーガン二回分くらい(80mlくらい)を作る事に。
それ以上だと、今度は作った塗料の時間を置きすぎちゃう気がするので。


▼前回のベロなしシンナーの悲劇(発音はドーハの悲劇と一緒)

・・・。


たった25円のベロひとつでここまで劇的とは。

スプレーガン戦闘開始。(親方撮影)


読書しながらチラホラこっち見ていた親方はようやく「あたしそれやってみたい」の時間だと察知。
さっそくスプレーガン奪われるオレ…。


注)塗装の際はマスク着用のこと。

コーホー コーホー コーホー コーホー

The force is with you, young Skywalker, but you are not a Jedi yet.
(フォースを学んだようだな、若きスカイウォーカーよ。だがまだジェダイではない。)

No. I am your Father.
(そうではない、わしがお前の父親なのだ)


はい。
ブログ用悪ふざけの後は、

普通ならそうそう体験できるもんでもない車の塗装を、

やってみて嬉しみの親方。実に楽しそう。

そりゃそうだよね。
マスキングとか一番面倒なコトしねえで、スプレーガン吹くだけなら楽しいはずだよね。
寝つきはのび太で態度はジャイアン。

ほんとはママの近くにいたいチロルだけど塗装中は、

隔離。
ちょっと待っててね。


チロルもただならぬシンナー臭で特に騒がず大人しく隔離されてます。


スプレーガン二回分ほど吹いて満足した親方は、隔離していたチロルとイチャイチャ。

薄汚いチロルは超ご満悦。


親方が満足して飽きたら、残り部分は下っ端が…

さすがに一度荷台部分の塗装をやってるので、大惨事もなくスムーズそのもの。

ただし、
あの嬉々として取り外した部分…

こんな感じで塗装したのだが、バカは下に置いてやっちゃうもんだから、

風で飛んできた枯葉や小石があああ

手で引っ掻いてとって小惨事に。

地面に置いて塗装せず、ちゃんとウマなんかに乗せて塗装しませう。


あと…

カメムシのバカが勝手にひっついてジタバタしてやがった…。
軽くお前も塗装されとるやないかい!


それでも真夏のような暑さの中、カラダ中から汁出まくって、

何度も何度も重ねて塗装をのせていって、

なから塗装し終えた時点で、塗料の残りもあとスプレーガン1~2回分余すのみ。
(※「なから」とは「大体」とか「おおよそ」って意味の方言)


今回使用したのは「塗料3kgとシンナー3kg」です。


組み上げた時に塗装し残しないかチェックして再度吹くかもしれないので、使い切らずに少しだけ残しておいて、


いよいよマスキングを剥ぎます。
天気と気温もあるけど、とにかくあっという間に塗装は乾く。


マスキングってするのは超超超超面倒くさいけど、剥がすのは嬉しい楽しい大好き。


親方も参加してひゃっほーいと剥がしていく。


あとせっかく外したウインカーなんかも、

超汚いので、

エアでホコリや泥を飛ばして、

ピカピカに磨いて、


そういえば設置したのが寒くなる直前で、

凍結防止のため水抜きしたまんま止水して、設置以来一度も使ってなかっデッキ上の外水道を、

初めて使いました。
この立水栓のまわりにチロルの足も洗えるようなシンクを作っていきます。いつか。

この日は出してませんが、お湯も出るようになってます。
井戸水はとんでもなく冷たくて夏でもチロルを洗えないしね。
(オレが身を以て井戸水シャワーで経験済み)

乾燥させたら、

外した時と逆の手順で元に戻していく。

イロイロ外しちゃった時点で皆さんの中で「ぷっ。コイツ絶対元通りに戻せないわwwww」なフラグ立っちゃったかと思いますが…(何を隠そうオレもその一人)

どこにどのネジってわからなくなるような全てのネジをまとめてポッケに入れてた保管にもかかわらず、一本のネジの過不足もなく元どおりに戻せたのさ。


THE 国民栄誉賞もの。


ご期待に沿えず申し訳ない。


今回の塗装で邪魔なので外しちゃったバッテリーは、荷台の塗装の際は外さず、しかも養生適当すぎて、新品なのに…

あんな感じだったので、100均で買ってあったシールで

超適当に誤魔化しました…が、気に入らないのであとでなんとかします。


うっすらナナメに見えるのはあのダメな受けです…。
シールが曲がったんじゃなくて。


内部はどうするか決めてなくて後回しで白のまま。
また近いうちに考えますよ。たぶん。

軽トラカスタムプロジェクトの中には一応内装も含めているので、早々にやるつもりではいます。


スプレーガンはシンナー付きウエスで全体を拭き取ってから、さらにカップにシンナー入れて

シューっとしてお掃除のつもり。


塗装、片付けまで終わって時刻は、

15:39
朝、7:20からほぼ休むことなく奴隷のように働き続けて疲労コンパニオン。


それではお待たせいたしました。


山のブタ将軍さまの生誕祭軍事パレードをご覧ください。

ミサイル発射台準備完了状態

もうね、国防する気満々。

▼平常時

遠目と写真ではそこそこのデキな気がしますよねそうですよね。


じゃあNGシーンもご披露しときましょう。

▲外したバンパーを地面に置いて塗装したせいでやるんじゃないかと思った失敗…

▲壊れかけのレディオアンテナ部の吹き残し…(取り付けたら目立たなくなった)

▲マスキング失敗したあたり。窓枠のゴムの脇に白が残ってみた。

あと…なんかワイパーが超絶にボロいので交換するかワイパーも塗装したい…。


24年前のオンボロ軽トラだからこそ躊躇なくできたDIYの全塗装。


もんのすごい楽しかった!


やろうと思えばできるもんだし、たまたまウチは大工作業でエアコンプレッサーを持っていたからスプレーガンでやりましたが、刷毛やローラーでもできると思います。


漢(おとこ)は黙ってミリタリー国防色にしましたが、実は今回の全塗装はこの先のキャンバスを作ったにすぎません。


まだまだやってみたいアイデアが沢山あって、ステンシルもするし、ステッカーチューンだってするし、あの塗装に上からさらにエイジング塗装もするつもりです。


現在、鋭意制作ちうです。


お、おい、もうその辺でやめとけよ…」ってのは一切聞こえない所存の方向で、この軽トラをいじっていく所存の所存でございます。


ここからどんどん台無しにしていく感じも半笑いでご期待ください。
ここまでお付き合いくださり誠にありがとうございました!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。