マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

GW2018後半戦 Episode IV 最後の晩餐

真剣な眼差しで用をたすアンちゃんを盗撮。たまんなくかわいいwwwww
なにその前足。


いつもは1枚目にチロル写真を使って世の中の愛犬家たちを、このブログにおびき寄せる作戦なのだが、今回はうっかりした愛猫家たちをおびき寄せてみようかと。


猫画像につられて来ちゃった方、ホントすんません。
です。
ここ猫ブログじゃない上に、長ーい記事なので引き返すなら今ココです。
ご来訪どうもありがとうございました。


GW以降、写真の整理や何より仕事も何やかんやと忙しくて、しかもまだクロガネロスから立ち直れない廃人のオレです。
皆さんトコのブログもあとでゆっくり読みますので、そこんトコどうか夜露死苦。


今回はいつにも増して長いです。ホント大変なので、niceもコメントも無理なさらず体調の良い方だけこの先へお進みください。


2018年5月5日(土)晴れの続き

さてGW2018後半戦記事も残すところあとわずか。


親方(ヨメ)とクロガネママと最高に天気のいい海辺で、パパのぽんぽん船周りではしゃぎまくって、小腹を満たすためにクロガネ家本部に戻ってパン食って。

焼きたてパンにバターとあんこをつけて。バリうま!!

なぜオレが床でチロルが座布団に?


ここまでが前回。


程なくパパがお仕事から帰還。

パパもGWなのにふた仕事くらい終えてコーヒー飲みながら、若干おかしめなテンションで愛猫アンちゃん(相思相愛)を捕まえる。


チロルガン見。おい…なあ、猫ってあの持ち方であってんのか?


これまたおかしな感じで顔スリスリして、

おっさん至福のトキ。仕事の疲れもぶっ飛ぶよね。

パパが「そういばチロ、コシアブラ好きだって言ってたな?」と「うん。コシアブラはウチら夫婦共に大好きだわ!」と答えたら「よっしゃ!行くか?」と

幸せの黄色い車4人乗りで、
(ウチら乗ってなければ車ん中で手を繋いでるんだって。このバカ夫婦 by お嬢情報)

パパの狩り場へ。
あぁもうコシアブラは大きくなりすぎてダメだなあ・・。
ちょい時期遅かったかあ・・・。
その頃ママは、

パパ!見て!朴葉!!ほらあそこ!


いや、ママwwwそこすぐ下が崖だからwwww
さすがのパパも空飛べないとアソコのはゲットできねえwww


いつかママの為にパパ空飛びそうだけど、今はまだ無理みたいよ。


ここからママの朴葉魂スイッチオー


ママ大好物の朴葉飯がひとときもママの脳裏から離れず。
コシアブラなんてもはやどうでもいいママ脳内。


朴葉朴葉騒ぐママを無視して「コシアブラ残念だったなあ?チロ」
ぼちぼち夕方だし学校でお勉強中のお嬢を迎えに行くかって前に道中で、

うわああ。ちょ、パパ車停めて。
こんな風景のところにセルフビルド山荘でもあったら最高だな。
と、何でもないようなのどかな海の風景を撮影してたら、

見晴らしのいい展望台に連れて行ってくれた。ナイスパパ!


普段ウチら山にいるからやっぱたまに見る海の景色はいいなあ。


コシアブラ取りのためのパパ愛用の武器・THE 高枝切り鋏は邪魔だから、途中の実家に置いてくわと、パパ実家にも寄って、

ダースモールの双刃のライトセーバーみたいにカッコつけてポーズ決めてるけど、
それ・・今日は何の役にも立たなかったな・・・。


んで、実家で、
パパのDIYビギニングな部分を見せてもらった。

ここ以外にもいろんな部分を結構本格的にやっていて、もっとちゃんとしたDIY部分もあるんだけど、そのセルフビルド部分は、パパの今の仕事の事務所も兼ねているので写真掲載は控えとく。


センスにブレがねえいい感じの和モダン。


それからお嬢たまをお迎えに。お嬢たまー!勉強してましたかー!

あーん。もうかわいい!


時をかける少女かよ。


♫ソーユードンハフトゥウォーリーウォーリー 守〜ってあげーたい〜


あ、それ違う映画か…。(ねらわれた学園)


彼氏Kiはこんな可愛い娘と放課後待ち合わせちゃったりして、一緒に帰ったりしてたのか?このやろう。


次回会った時もオレとパパの間で寝ろよ?このやろう。
バチでも当たれよ。このやろう。


で、
お嬢もピックアップして、ママの親戚さんが営んでるお店に寄って、これがまたご主人がセルフビルドでどんどん増築してる感じの楽しいトコ。

ちゃんと内装も木貼って、シンク作ったり、タイル貼ったりとか、最近入れたっていう換気扇とか、全て手作りでコツコツと年々増殖してるんだとか。


いいねえ!
ワクワクするね。


ゆっくりセルフビルド話も聞きたいのだが、


日本海といえば夕日だしクロガネパパが、写真愛好家にはあまりに有名なフォトスポットに連れて行ってくれるとのコトで、ご挨拶だけして後ろ髪引かれつつフォトスポットへ向かう。

さすが地元民。


想像してたより観光地化されてて、でかい駐車場はGWってコトもあって、何台も並んで待ってるのに、ちょい下の場所にサクっと停めてストレスなし。


ママは「あたしが空いてるとこ見つけたの!ね?パパ!」ってアピールしてたけど、そうゆうトコロがウチの親方に超絶そっくり。


フォトスポット着くや否や(英語で言うとas soon as)オレはもう興奮してみんなを置き去りにして篠山紀信モード。


この場所は有名どころなので、見る人が見れば簡単に場所の特定されちゃうので、撮った写真はオレひとりでニヤニヤしておきます。


いずれ忘れた頃にFlickrにはアップするかも。


オレひとりであっち行ってパシャパシャ!こっち行ってパシャパシャ!と写真を撮ってる間に、なんかみんな仲良く自撮りとかしてて悔しいので、オレもパパと撮る!

雑な持たれ方のチロルとイチャイチャする小太り中年同級生(49)
パパはママにまとわりつかれてるトキの「いぃーーー」って顔してやがるwwww

まあ、パパもオレと同じ顔して万が一でもオレの方向いたら大惨事だし「いぃー」って顔で大正解。


ママの「いやああああああ、あたしのパパああああああ」が聞こえる。


構図が若干おかしいのは背景を大胆にトリミングしたため。


パパ、マジで最高な観光案内感謝!


実は旅行前にここは調べてあって「ああ、時間あったら行ってみてえなあ。でも今回の旅の主目的はクロガネ家との交流だから時間なければまたいつか」って場所だったから嬉しかった。


風景写真やってる人なら、この時期のここの夕景は絶対に押さえておきたいからね。


で、その後みんなで温泉へゴー。
道中も海のすぐ脇の道を通るから親方が車内からパシャっと。
そうそう、赤飯まんじゅうなんて撮ってねえでこうゆうの撮ってよ。

親方はちょっと波の荒い海(主に日本海)見ると100%の確率で、


「♫なみの〜たにまに〜いのちの〜〜〜花がぁ〜〜〜(鳥羽一郎・兄弟船)」
を、とっても音痴に歌うんだけどマジ勘弁して…。


オレ…ただでさえあんま聞いたことがねえ「鳥羽一郎の兄弟船」なんてオリジナルより断然親方のを聞いてるから、もはや鳥羽の原曲メロディがわからねえ…。


当たり前だけど女性陣としばしのお別れ。

ホントはさ、風呂浸かりながらクロガネアニキとゆっくり男同士の語らいもあったけど、風呂といえば女性陣は相当時間がかかるので、チロたんを長く車に残しておけないオレはカラスの行水で。


それでもバッチリなタイミングで夕日と海を眺めながらの露天風呂はよかったなあ。

・・・。


アイス片手に至福の男…。
打ち上げられたトドの死骸じゃなくて。
マッサージチェア漏電でもしちゃってんのかな?ってくらいプルプルしながら恍惚の表情。


なんて幸せそうなんだ。
このオトコのこの日の充電も残りわずか・・・。
ちょっとだけここで取って出しの充電をした感じ。(7%→20%)

コイツ…もうじきヨダレも出るな?な恍惚オトコを置いて、オレは車でひとり待ってたチロたんと合流。


ひとり残されて(仲間外れにされて)車ん中でお怒りのお嬢様。
ごめんよ。
そこらを散歩しながらご機嫌をとる風呂上がりのシモベ。
申し訳ございませんでしたお嬢様。


どっぷりと日も暮れて、
さっぱりしたら本日のメインイベント。
パパとママとお嬢クロガネ一家総出で、最後のおもてなしをしてもらうチロル家。

パパもほんのちょいだけ充電した(残り20%)最後の力を振り絞って、

もうお分かりですね?


パパの手打ち蕎麦。


マジか。マジで涙でるわ。
こんな最大級のもてなされ方あるかよ。

手際もいい。
うおおおおお。カッコいいぞ!パパ!!!
と、オレがそれ言うと必ずやってくる…

でしょー?パパかっこいいでしょー♡
オッケー。
ママwwwwwww邪魔wwwwwwwwwwww

その「こね鉢」もなんかカッコいいな、おい。

手際よくこねて、上の蕎麦道場へ(建築現場)

なんか立派な麺台だな!!
周りが建築感ありすぎて今から木工作業でもやる雰囲気ですが蕎麦です。蕎麦。パパ手打ちの。

麺棒で慣れた手つきでのばして、

パパ、カッコいい!!
(ハッ!と思ったが、ママが光速でやってこないのは下で別のことしてるから)

その蕎麦切る包丁オレも超使いてえwwwwwww

マジでサマになってるなあ。
来ないの分かってるので「パパ!かっちょええ!」と声に出して。

マジかよ。
超蕎麦やんけ。


手際がいいとこんなに短時間で作れんのか。


よーし、オレも蕎麦打つぞ!
まずは楽天でそば打ちキット買うぞ!待ってろ次の楽天マラソン!と心に誓って、


クロガネ蕎麦道場(建築現場)から階下に降りると、

女性陣がママ陣頭指揮の元なにかしてる。
なんか・・あのママがキビキビしとる・・・。カッチョいい。


これは、

コシアブラ未収穫だった時からママの頭から離れなくてずっと「パパ!ほら!あそこ!!朴葉がああああ」って言い続けてノイローゼ寸前のパパが、とある場所から密漁してきた朴葉。
密漁写真はここに掲載せずに週間文春に売る


その朴葉を使ったママの大好物料理、朴葉飯(ほうばめし)

を、親方(ヨメ)にレクチャーしながら女性陣総出で作ってくれてる。


朴葉飯ってイメージ的にチマキみたいなんかな?と思ってたけど、ママのこだわりのきな粉を使ったもの。


本当にコレおいしいんだからどうしてもチロちゃんたちに食べさせてあげたいの!(あとあたしが食べたいし)ってその思いが超感激。

お嬢はアンちゃんに邪魔されつつ、アンちゃんも「私がここの主人ですよ?忘れんな?」と猛烈アピール。

やっぱ猫は犬よりも、

圧倒的に身軽なのな。
テーブルの上なんて何度下ろしてもかるーくピョンと。


ウチのチロは低めのベッドでさえ、ちょっとジャンプする足場が悪いと登れねえってのに・・・。
散歩中めっちゃ笑顔でちょっとした段差でスベってコケるし・・・。
大丈夫なんかな?


あと、ウチの食いしん坊バカチロルが自分の水を飲まず、クロガネ家の猫ちゃんの水をガブガブ飲むわ、あげくキャットフードまでカリカリと残ってるの全部食っちまった・・・。


親の顔!見せてみろ!この意地汚いバカ犬の親の顔。


▼はい。

▲おまわりさん、こいつらです。


ホントごめんなさい…。


オレはチロたんを叱ることができねえので師匠を死刑にしておきます。


アンちゃんはチロル用のトイレを

ぐちゃぐちゃにして独自に仕返し。
アンちゃん、お世話になったね!ありがとね!また会おうね。


で、
パパは、

鴨肉をロースト中。


マジっすか!


ちゃんと「コレはチロたん用に」と少しだけ残してくれてた。

察知したチロは「パパ、今日はあたしアナタの仔です」アピール。


そしてパパの料理の姿勢wwwwwwwww


この写真がたまたまじゃなくて、

いつ撮っても

日付変わっても

このスタイルwwwwww


もうね、この姿勢の写真だけで何枚あるかwww


漢(おとこ)過ぎんだろ?

そんな堂々とした北の将軍様スタイルのパパを中心に、

オレを除く全員で一致団結感漂うキッチン。
早くお嬢の部屋仕上げて次はキッチンだな!


楽しみだね!ママ。「目指せ!クロガネキッチンの完成2020」


オレは、仲間外れ感強いけど、これまでのOre'sキッチン(料理の修行)は何だったんだ?な安定の役立たず具合。
ララァ、私はカメラマンに徹するのだよ。


そのトキ、お嬢が「パパあああああ!」と

4~5cm級のムカデがああああああ・・・。


料理できねえならせめてムカデに立ち向かえよ!とか全然聞こえない。
イヤだよ、あんなん。


お嬢と一緒に逃げてたYO。


お嬢のSOSにパパ光速でやって来て、何の迷いも躊躇もなく家庭用のハサミでチョキチョキ・・・

手際よく6枚くらいにおろしてた…。


・・・。


アレっすよね?流石にこれを料理したりしねえよな?


マジかよ。


この男の弱点はなによ?
そしてオレは一体何だったら役に立つのよ?


MUTEKI(芸能人専用レーベル)なパパは何事もなかったように、
さすがに蕎麦茹でるときは左手は腰じゃ無理なので、珍しく両手で、

蕎麦を茹でて

水でしめる。


お待たせいたしました。


最終日の晩餐は、

パパの手打ち蕎麦を、

鴨南蛮で。


マジか!!!すっげえ旨そうやんけ!!


そしてクロガネブログでオレがウマそ過ぎて大騒ぎしていたら作ってくれたママ特製の、

手羽先のグリル!(ママいつの間に)
ヨダレが止まらんのだよ。

ママの手作り柚子胡椒も添えて。


マジかよ。
柚子胡椒とか手作りできんのかよ…。


ここん家は味噌も手作りしてる。


もはやガチもんのDASH暮らし


パパは完成してから食すまでの時間にこだわるので、そのための時間配分に余念がない。
完成したら一番うまい状態で食ってくれ!が伝わる。


蕎麦茹でるときに指差し確認レベルで「いいかー!蕎麦茹でんぞー!準備はできてるなー!」「はーい!」なクロガネ一家。


もう防災訓練レベル。


よし!チロ!食卓乗ったらチンタラしねえで食うぞ!
オッケー!


いっただきまーす!

もう笑顔が。どうにも自分で表情のコントロールできねえ。

ちょwwwなにwwwこれwwwww


超うめえええええええ。


それこそオレなんて蕎麦のお膝元からやって来たぞ?
なんぼでも旨いと言われる蕎麦屋で食って来たぞ?


お世辞でも何でもなくて今までで一番旨い蕎麦かも。
鴨南蛮がまたいいダシ出てんだ。


鴨肉もモノによっては肉肉しいけど、これは肉も超旨い。
(聞いたらちゃんと旨いのを取り寄せてやがった)


ママとお嬢は鴨ダシは好きだけど肉自体はそんなに好きじゃないらしく「はい!パパご苦労様!これどうぞ!」ってまるでご褒美のように、肉だけパパの器に放り投げてたwwwww


あのね、ウチのヨメも全くそんな感じだよwwww


これね、あたしあんまり好きじゃないから食べてくれる?ってなぜ言えねえ?www

「うーむ。ちょっと太いのが・・」とかブツブツ言ってたけど、顔見りゃわかる。
マジでうめえよな!

ほら、お嬢!のんびりしてっとおっさん2人が全部食っちまうぞ?


この日なんてようやくカーレヌパの呪縛から逃れて、モノ食うのに最高のコンディションだぜ?オレ。


ママの手羽先超うめえ!!!!ちょいニンニクも効いてて最高。
手羽先食うと手がアレでカメラ持てねえけどwwww

チロルに見せびらかしながら食うお嬢。
くださいくださいください。ダメです。

チロルに見せびらかしながら食うママ。
くださいくださいくださいシーズン2。ダメですシーズン2。
オニ母娘っ。

ちっ。
まああたしは猫のカリカリ食ったし、実はちょっと目を離した隙に、

このスルメ(内臓ごとスルメにしてある味が濃いスルメ!)を食ってやったのよ。
だって、目を離す方が悪いだろ?

そら食われるってば。あたしを何だと思ってんだ。


蕎麦も最初と同じ量が第二陣できた!
最初の茹で加減を食ってみて若干修正したんだとか。
職人すぎんだろ?

こんなうめえ蕎麦どんどん食えるぜ?
手羽も一本残ってるのオレ食っちゃっていい?


と、やっぱりコイツ大食いなんじゃねえか?ほらあ、やっぱパパあのカレー屋さんにチロちゃん連れて行こうよ?なママの眼差しもなんのその、


シメはママご自慢の、

朴葉飯!(すまん、興奮してて食い始めてから写真撮った)


うんめえええええええ!
なにこれ。
初めて食ったけど、甘いきな粉と朴葉の香りが最高にマッチしてやがる!


今日も1日全力で生きたオトコは、

ウチらのお土産のシードルをうめえって飲んでくれてた。


悔いのねえ1日を送ったいい表情してやがるな?おっさん。
見てるこっちが幸せにならあ。


あああ、パパの充電切れる前に皆んなで写真撮りてえ。

最高の一家にこれ以上ないおもてなしをされたチロル家。


オレは誰か大切な友人が訪ねて来てくれた時、こんなもてなし方が出来んのかな?
オレもいつか、誰か訪ねて来てくれた人に、こうやってヨメと一緒に心からのおもてなしをしたいよ。


魚も捌いたことねえし、出来るコトと言えば今んトコあのチャーハンだけなオレだけど、見てろよ?オレもいつか最高に旨い蕎麦打って振る舞うんだぜ?


飽きず・焦らず・諦めず。(座右の銘候補)


シードル飲んでほろ酔いのパパが「おう、チロ。これ見てくれよ!」

「オレなんて心当たりもねえのに…」

あああ。わかりますわかります。
ヤフオクお得意のけしからん系のお誘いね?


「そうなんだよ!コレ誘惑に負けて一回でもポチッとしたら最後、しつけえんだろ?」


そうだぜ?パパ。


そんなん迂闊にポチッとしたら次から次へとけしからん系だからな?気をつけなはれや!

と、言いながら、
アニキのアレ全て丁寧にポチってやった。


アニキ、キャメロン・ディアスのちょっぴり薄着の写真ですって。いります?


「うおおおお!チロ、テメふざけんな!」なんて全く聞こえねえ。


ざまあみろ。


パパは例によって、夜10時安定の充電切れでおやすみ。


本当に今日も1日ありがとう。
テント泊じゃなくてクロガネハウスに招いてくれてありがとう。
男としての格の違いをまざまざと見せつけてくれてありがとう。
ヤフオクのしつこい広告に悩まされろよ。


こんなに長く書いたのに全部書ききれなかったので、次回こそ最終章の予定の所存。
ホントにここまで読んじゃった人・・心から謝意。


つづく。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。