マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

ここまでバカだと清々しい

スプレーの惨劇から数日。
時間も経ったしブログにも書いて多少落ち着きを取り戻したので、新たな気持ちで現場に行きアレを見てみる。

オッケー。なんかね、もう慣れたYO \(^o^)/


ぜーんぜん問題ねえ。
人間てスゴイな。都合の悪いコトは脳内でちゃんと薄めてくれるように出来てんだわ。


あそこに簡易的な洗い場が設置されて、親方(ヨメ)希望の耳付き一枚板の移動式のカウンター作って置いて、棚にもオイル塗って、冷蔵庫とかイロイロ置いたらあんなもん(色なんて)ヨユーで紛れるわい。


さ、あっという間に気を取り直したので、
作業としては途中までやって急遽行程の変更をした地味に面倒な天井張りの続きをやってくべ。


天井裏の断熱材も天井材張りながら適時入れているが(乗っけてるだけ)足りなくなったので新しいの投入。

▲何度見てもよくあの量を閉じ込めておけたな、と。
開封するたびにあのムクムク具合にビビるわ。


現場を少し片付けて「よーしやったるでー」と朝一発目のステープル(天井板を留めるためのホッチキスの釘バージョンみたいなの)を打ち損なうオレ(バカ)。

▲1発目から飛び出た頭をグラインダーでカットしてリカバリー・・。
こういう打ち損ないは面倒がくさいし時間の無駄なんだってば。

▲しばらく天井作業から離れてたから、忘れるとこだったダウンライトの位置もマーキング。

▲親方(ヨメ)もエア工具を駆使して頑張る。大したもんだ。
何やかんやいってもちゃんと戦力。
張り進めると二人の息も合ってくる。


▼大して収納もできないのにノリと思いつきで設置しちゃった屋根裏収納用の階段が天井張るのにすげえ邪魔。(最後にあのベニヤの面も同じ天井材を張る)

あと一列でこの邪魔な階段ゾーンも終わる。最後の一列張るのにアレ開けるトキに干渉しないように確認しないとね。引っかかって開かねえとかバカのやることよ。


フックに引っ掛けて下に引く。


ん?


もう一度深呼吸して「えいっ!」


えっ?
あ・・あ・・開かないですよ・・。


朝、断熱材入れる時開いてましたよね。(証拠写真あり)


実はあの階段開く部分に白いプラスチックのモールがあるが、その外周にも同じモールをつけるように同梱されていた。


「え〜無垢の天井板に白のプラッチックのモール?しかもダブルでぇ〜?」とか思ったオレは(←今日の主役バカ)「いいよいいよ、周りの飾りのモールなんてつけなくて。天井板を張ってみてどうしてもモールつけたくなるようなら(隙間がブサイクなら)木とかで飾り縁みたいなのするから」とド素人のクセにわかったようなフリをして付属のモールなしの方向で進めていた。


▼その結果

今日張った天井板が干渉して開かなくなったのでした。
んもう!バカっ。この超ド級のバカっ。師匠死刑っ(ナンマイダー)


ど、ど、ど、どうするのよっ?


朝から頑張って何列も張っちゃったけど、アレ剥がすとなると大惨事になるぞ。
スプレーの惨劇(ドーハの悲劇みたいな感じで読む)どころじゃないぞ・・。


どうにか干渉している部分だけをうまくカットできないか・・。


▼足りない知恵で考えてこんな感じか・・

ちょ、あ、あぶねえwwwww


いくら何でもド素人がやって良い方法に見えない。
脚立に乗って天井に向かって丸ノコ。


この作業のミスは素人の場合命に関わる。
しかもフリーハンドで上に向かって真っ直ぐ切れる気もしない。


▼クランプと親方(ヨメ)にも抑えてもらって丸ノコ定規も上に設置してみた。

危なすぎるが他に方法を思いつかない。


ちょっとやってみてダメそうならすぐ中止ねってコトにしてやってみるか。
丸ノコの刃をギリギリ天井材だけカットできるように出して。
こ、こわいなあ。


親方(ヨメ)は最悪逃げれるように手じゃなくて、離れたトコから木の棒で下から定規を抑えてもらって


い、いきますよ?いっちゃいますよ?いいんですね?
(アムロ)いきまーす!と上に向かって丸ノコを動かしてみた。
とにかく気をつけるのはキックバック。(刃の回転でガッと後ろに弾かれるコト)
それだけに意識を集中して慎重にカット。


チュイィィィィィーン!


木屑が降り注ぐだろうとゴーグルしていたがまるで役に立たないほど木屑降り注ぐ。
作業中は当然写真などあるわけがない。
写真どころか息すらしてなかったYO。


結果。

で・・で、できたっ!(テレレレッテッテッテー♬←レベルがあがった音)


最後の部分は丸ノコでカットしきれないのでノミで落とす。

ヤスリもかけて付属のモールを合わせてみる。

▲こんな感じで二重にモールがつくのがデフォルトだった。
それをどっかのバカが・・・。
プラッチックが二重ってのは気に入らないけど開かないとか論外だし。


あ、開いたYO・・・・・。オレ放心状態。


誰一人命を落とさずに怪我もなくリカバリー終了。放心継続中・・。


▼オレ充電中。

経験はないわ、ノーミソ足りないわ、のクセに最初にちゃんと考えないからリカバリーばっかしてるんだって。


そして無駄にリカバリーのスキルだけが上がっていく。
もうオレ上下左右どこでも丸ノコ使えるわ。
てかそういう余計なリカバリーしなくて良いような方向でスキルを上げろよ。
むしろ慣れてきて大胆になった分最近リカバリーする回数増えてるし。


最後の一列も開閉の干渉避けるためモール分避けて張る。(当たり前です)

一応開けられるか確認したが、ここで干渉して開かなくなるようなバカは流石にいない。
死ぬ思いしてリカバリーしたの「たった今」だもん。


物置小屋に置いてあったアイボンが役に立つ。顔面から全身まで木屑まみれ。
簡単に着火しそうなオレ。
目なんて瞬きするとジャリジャリいうし。

この仕組みで目を洗えるように考えた人エラいです。あのジャリジャリは目薬なんかじゃ間に合わない。


もう疲れちゃったYO・・・。

▼サボってたわけじゃない。やる気はあったし頑張ったんだよ。

でもあんま進んだ気がしない。なんてたって75mmずつしか進まないし脚立移動しながら上向いて作業って疲れんのよ。
まあ何よりバカなリカバリーに時間かかったし。

天井張り終えるのにあと2回はかかりそうだな。(もうバカなリカバリーないとして)
バスルームの天井に2回。
床のフローリングに2~3回ってトコか。
週に2回作業したとしてあと二ヶ月くらいかかるのか・・。


でもだいぶゴールは見えて来ている。

ホントは今日あの赤いアレの辺りまで天井終わるつもりだったのに。


バカが余計なミスさえしなければ・・。


前回がブログ的に派手だったから、今回は天井を地味に張り進めるだけだから、ビフォー写真とアフター写真的な「ここまで天井張りました」のエントリーになるハズだったのに。
バカはネタに尽きることないのね。


ちなみに、観賞用に育てていることにしたアレ(観賞用にしてるバカ外人的に英名Plume poppyとかいうタケニグサという雑草)の観察。

あーあ。スゲえな・・。
なんか花っぽいのまで咲き始めたPlume poppy。大変育てやすいぜ。


さらに別の場所では

なんかジュラ紀みたいになってるし。
ワラビのニセモノみたいなのには

謎のセイブツの赤ちゃんもいっぱい・・。


もう知らん・・。
オレは今雑草なんて構ってられないの。早くアッチを作っちゃいたいの。


YOUたち好き勝手にしてなYO。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。