マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

冬休みの日記②:ここはアウトドアベースだったと思い出す

ねえ?チロたん、それでホントにくつろいでる?


冬休みの日記の第二弾。
とはいえ大したコトは起こりません。悪しからず。


12月30日のこと

年末年始って寒さは別として例年天気だけはいい。
一時期の寒さも落ち着いて日中は比較的暖かい。
てことで、今回冬休みにやりたかったコトはセルフビルドの最中は全く触りもしなかったテントを2年ぶりに出してみたい。
山の土地を買う前はヨメとチロルとこのテントで一年中キャンプをしてた。
年末年始に軽井沢で雪中キャンプしたり1月に富士山の麓でキャンプするほど。

物置小屋からテントを運び込む。
このテントはコットンなのでカビてないかも心配だった。

▲クルクルっと広げて(全くカビてなかった。よかった)

▲テントの中心を決めたらそこから8箇所にペグを打つ。あの紐はペグを打つ位置を決めるためのもの。
ウッドデッキはペグが打てないので

▲魚骨ペグっていうものを隙間に差し込みグルっと90度回転させて使う。

▲出入り口の方向だけ確認して8箇所のペグの位置に広げてペグにベルトを留めていく。

▲あとは太いポールを繋げて入り口のジッパーを開けて

▲中から立ち上げる。見た目ほど力はいらない。
▼ポールを立てたら周り8箇所のベルトを締めていく。

▼テント完成。

簡単でしょ?
いわゆるワンポールテントってヤツだけど張るのは超簡単。


このウッドデッキはこのテントを張れるように幅を決めている。
テントの直径は約5.3mでデッキの幅は6m弱。


初めてこのウッドデッキにこのテント張れて大満足。
で、これで終わりじゃない。

▲いい雰囲気の木箱に入っているのは

▲薪ストーブ。
このテントは中で薪ストーブが使える。
この薪ストーブの最強の暖かさに感動してメインベースは薪ストーブ設置を決めた。

▲こんな感じでストーブ内に全ての煙突が収納される仕組み。
考えた人天才かよ。

▲太さの違う煙突を繋げて組み上げると

▲こんな感じに。先端のメッシュの部分は幕に煙突が触れないようにするもの


▼デッキの上なので不燃材のケイカル板を薪ストーブの設置場所に敷いて

▼ストーブを設置

▼テントの上部には煙突を出すための穴が(閉じるときはマジックテープで塞ぐ)

▼あの穴から煙突を出して薪ストーブ本体に接続

非常に頼りなく見えると思うけど全然問題ない。今まで危ない思いをしたコトはない。


テントの中には

▲こんな感じでコードが付いていて

▲それをキューっと引っ張ると

▲上が換気できるように開く。
考えた人天才かよ。


▼薪ストーブを収納していた木箱は

そのままテーブルやモノを置く台として使う。
中にはテントを収納していた袋やペグなど今は使わないものを入れておく。


あとは(こたつのせいで追いやられた)メインベース内で使っていたテーブルは天板を外すと

焚き火台に。
ウッドデッキにテント張ってデッキ上で焚き火をするのが夢だった。

い・い・ぞ!

チロたんを従えて焚き火。
外は日中そんなに寒くないので焚き火前で過ごすのが快適。


ちな親方(ヨメ)は一度も外に出てきやしねえ。
親方がアウトドア好きでオレがインドア派ってのは嘘だったんじゃないかっていう逆転ぶり。


よーし!興奮してきた。オレは今夜テントで寝るぞ。別居だ別居。
メインベース内から別居の住処を見る。

夢にまでみた光景がそこに。


ここはアウトドアを楽しむためのベースだったんだ。
すっかり忘れてたけど。


一方親方(ヨメ)はこたつから一歩も出ずにNetflixでオレおすすめの「キングダム」をご視聴のご様子。

王騎将軍がやられたシーンで「あああ!」と声をあげた親方を心配してチロルが見にいく。


晩メシは鍋。冬は鍋に限るよね。
冬キャンプの時はマジで鍋が最高なんだけど、暖かい部屋でこたつで鍋ってありがたさが半減するな。
(テントの中で食う?って親方に提案したけど光速で却下された)

今日は「とり野菜みそ」の鍋。

うんめえ。
その後こたつでまったりしながらテレビ見てたら、周り真っ暗で焚き火も消えた外に出て行くとか冗談じゃなくなってきた。


オッケー。別居はなしの方向で\(^o^)/


夫婦仲良く映画を見ましょうね。

・東京喰種(トーキョーグール) ★★☆☆☆

漫画が原作の実写化らしい(またかよ…)原作は未見だが、うーん。色々アレだね。一つ気になったのは銃はどした?


・ライフ ★★★☆☆

地球外生命体を細胞レベルで発見して名前までつけて大切に育ててたらエラいことになっちゃった映画。プロットとしては好きだけどまあ普通。


・WE ARE X ★★★★☆

一番期待してなかったコレがまあ面白かったかな。ウチらの世代で若い頃バンドやってれば避けて通れないX-JAPAN。特に大ファンでもないが最後まで眠くもならずに見ていられました。

3本見終えたの午前3時ごろなのに、なんか親方も寝ずに全部見てたんだけど。
ど、どした?病院行く?


次回もまだ冬休み日記は続きます。次回はアレが登場します。