マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

屋根裏収納を考えてみた②

今までは過去のコトを記事にしていたので、数回にわたって作業したコトも一回の記事にまとめたりとか割と贅沢な書き方をしてきたが、これからは節約して記事書いていきましょう。あまり間空かないように書き続けよう、そう思った。


で、ブログとして二度に分けるほどでもない屋根裏収納のスライドタラップ。


前回、あまりに重たいので枠とハシゴ部分に分割して、まずは枠だけを取り付けた。


その状態で下に開けるとバネがきつくて固定されない。(開いたままにならない)
ビヨーンとすごい勢いで上に戻ろうとしやがる。


危ねえって。それ。


こんな力で戻ろうとして固定されないならハシゴ登ってる最中にバイーンと閉まっちゃうんじゃないか、と。
親方(ヨメ)が迂闊にハシゴ登ろうモンなら挟まっちまうんじゃないか、と。
ドリフかよ。


何かロックする機構をつけ忘れたのか、それとも手順が違っていたか、施工説明書を今更ながらじっくりと見直すも、よくわからない。


ちっ。不良品なんじゃねーの?コレ。


枠を上に取り付けた状態のまま(しかも開きっぱなしにならないのに)調整できる感じじゃないので、もし何かやり直すんなら一回枠外すのか・・・。メンドくせーな。


取り付けた枠を外す前に雰囲気だけでも味わうために一回ハシゴ取り付けてみるか。


6本のボルトで試しにハシゴを取り付けてみた。

あ。


ビヨーンて上に上がらない・・。


もしかしてアレってハシゴの重みで開きっぱなしになるの?
カチャっとロックされるとかじゃなくて?


は、はずかしい・・・。


開け閉めも何だかスムーズだ!
すごい力で引っ張って開けなくてゆっくり開いてくるし、閉めるときもすごい勢いで閉まろうしない。
ハシゴ取り付けただけでスベテ余裕で解消されてーら。


(前回の記事で「ばっか、ハシゴついてねーからだよ!」と気づいていた方は歯がゆかったコトでしょう。「志村、うしろうしろ!」と)


あぶねー。良かったよ「コレ不良品じゃない?」とかメールしなくて。


あのままイライラしながら調整を繰り返した挙句バイーンとかなってどっか傷めたり、どっか壊れようモンなら鉄拳制裁(©️クロガネさん)も辞さない殺伐とした雰囲気だったわ。


そりゃ施工説明書何度読んでもわからないわけだ。
そもそも施工説明書のどこにも「ハシゴを取り外す」なんて出てこないもの。
オレが重たくて勝手に外しちゃっただけだもの。


説明書通りに(外さずに)施工してれば、何一つ問題になることはなかったんだもの。


スベテは「降ろした時にカチャっとロックされるはず」と何故か思い込んで疑わないオレのバカさが招いたコト。アタマにくるなあ。


オレ、結構多いんだよね。こういう余計な思い込み。
誰一人そんなコト言ってないのに「こうあるべき」と思い込んだら「もしかしたら、それが間違ってるかも」と微塵も疑わない。
アタマにくるなあ。

まあでも無事に解決してよかった。

オッケー、バッチリ。


バッチリはいいけど、ハシゴ部分がデカすぎて大して荷物置けないんじゃないか、とか気づかないフリで。


ハシゴ降ろす先に色々資材が置いてあって、この日はハシゴ降ろせなかったので後日

邪魔な資材どかして床に張るフローリングの厚さも考慮してハシゴを降ろして調整。
うほっ。いい感じ。

て、今写真見直したら、ハシゴの位置調整するためにフローリングの端材置いたのに、その下に段ボールの一部挟まってるじゃねーか。アバウトすぎるわ。


なんかこういうところがアレだよな・・・オレ。


まあでも、こういうのが一つ取り付けられるだけで、何度も開けたり閉めたり、用もないのに上に登っては「なあ、ココなに置く?」「ほれ、スイスイ登っていけるぞ」「ちょい親方も登ってみ?」と。


バカなんじゃなかろうか。でも楽しいから仕方ない。仕方ないんだよ。




屋根裏収納を考えてみた

ここ数ヶ月毎日更新していたブログをたった1日2日書かなくなるだけで、こんなにもそわそわ落ち着かなくなるのか、と。


我ながらびっくり。

楽しく書いてたのでそんなに気にしてなかったが、1日のちょっとした時間を割とブログに費やしていたのだと実感。

だからと言って作業進んでないので書くコトがあるわけでもないが、そういえばブログ上は先にガルバの壁を終わらせたが、実はガルバの壁材張ってる途中の雨の日とかに、中でも作業していたのでした。


ここメインベースは住居じゃないので色々と欠如している。
ちゃんとしたキッチンはないし(食器洗う手洗い場のようなものだけ)
洗濯機がなかったり(家に持ち帰るかコインランドリー)
収納がほとんどなかったり(そのための物置小屋がある)


でもいくら住居ではないと言っても、収納する場所くらいはもう少しあった方がいよね?ってことで、これまた大したスペースはないのだが屋根裏に幾らかでもモノが置けるようにしようかと。
(ちなみに「屋根裏」なのか「天井裏」なのか「小屋裏」なのかわからない。ついでにフローリング、天井、壁は「張る」のか「貼る」のかわからない。色々間違ってたらごめんなさい)


ほんのわずかなスペースだけど、寝袋とかテーブルとかキャンプ的なモノ置いたり、季節モノ(子供用プールとか)しまったりくらいはできるかな?と。

天井のどこを収納の開口にするか、どうやってアプローチするかを親方(ヨメ)と考え始める。
親方(ヨメ)は「あっ!どうせ屋根裏に作るならロフトっぽく作ってアタシそこで寝たい」とまるでグッドアイデアのように言い出す始末。


・・・。


何言ってやがんだコイツ。よーく見てみろよ?どこに寝るスペースがあんのよ?ココまで自分らで作ってきてそんなコトもわからないのか、と。
本気であの隙間に布団でも敷いてやって寝かせようかと思ったが、口に出すとアレなのでグッと我慢して「うん、ロフト憧れるよね。でも今回は寝床じゃなくて収納で考えるよ?」とやんわり却下して結局一人で考える。


最近親方(ヨメ)が「森泉お嬢様には負けてられねー」とかほざいて、森泉お嬢様が丸ノコ使ってるのテレビで見て「アタシもやる」と。(過去に一度だけスタイロ切った経験あり)


・・・。


ま、いっか。
いつの日か丸ノコ使ってロフト作ってください。


で、最初はロフトのようにハシゴをひっかけようと考えた。
ロフト用ハシゴとか調べたら割と高いので、このくらい森泉お嬢様でも作れるわ!と(写真はないが)2×4材で簡単にサンプル的な物も作ってみた。


が、自作のサンプルハシゴはなんせ「デカいし、重いし、どこ置いとくんだよコレ」の三拍子揃って却下。森泉お嬢様、ド素人が生意気言ってすみませんでした。


かと言って本当のロフトのようにハシゴかけっぱなしは部屋の構造上ジャマで仕方ない。


さらにサンプル作ってみて華奢なので、実際作るんなら2×4じゃなくて2×6とか2×8かなあ、そうすっともっとデカくて重いものになるなあ、と。


天井裏に物は置きたいが開口部が穴のまんまってのもアレだし、荷物見えないようにキレイに塞ぎたいし、あのデカくて重いハシゴ置いとく場所はないし。
なんだったらその邪魔なハシゴを収納する為のスペースが必要で、それはこれからわずかな収納場所を作るってのと正反対の行為なんじゃないか?と。

そんな面倒なことするならハシゴの収納場所に、屋根裏に置こうとするモン置けばいいじゃない。


そうすっと、アメリカの映画とかでよく出てくる天井から折りたたんだハシゴを下ろしてくるヤツがスマートだな、と。


そのスマートさんが何ていう名前かもわからないので、適当に調べてそれっぽいの見つけたが買うと6万くらいだったので「だよねー」と諦めて、画像見ながら自作する方法を調べてたら、Amazonで32,000円くらいの同様のモノを見つけた。
アレ?そんなもんなの?


モノの名前や製造元と品番がわかればこっちのもの。
品番から調べ直してみたらオレ御用達の楽天で送料込み24,980円発見。


最初に6万くらいと思い込んでいたのでやたらと安く感じる。
しかもこの時期レッドシダーとガルスパンで17倍ついた期間限定ポイントもがっつりある。


わかってます。DIYとかセルフビルドを語るなら自作しろ、と。
わかってるけどもうダメぽ・・・。
ポイントで(タダで)手に入れられると知ってしまったモノを、作り方もわからないのに今更自作しろとか言われても。材料代だってかかるし。
まあ材料代もポイント使えばタダじゃん、とか聞こえないし。


てことで、


い・く・ぞ!(見せましょう!浪費夫の底力を)

楽天は一度のお買い物でポイントは最大30,000円まで使えるので、もちろんポイント買い。
ものすごい楽天のヘビーユーザーのオレだが、未だに意味わからないのは、全て楽天ポイントで買ってるのに(支払い0円。タダ)そのお買い物にも楽天ポイントがつく。
ふ、不思議だ・・。
もちろん賢い人が作ったシステムに、オレのような迂闊なバカが踊らされてるだけとわかっていても、いまいちピンとこない。
どっから楽天ポイント湧き出てんだ?と。タダで商品貰ってさらにポイントついたぞと。


こうして楽天の手のひらの上で軽快なダンスを踊るオレ。


閑話休題


軽快に踊っている間にナニか届きました。

送料無料 あす楽 天井収納はしご CQ0327-1 8尺 大建工業 スライドタラップ


てか、すげえ重い・・・。33kgて。

こんなん非力な夫婦二人で天井に持ち上げて取り付けられんのか?と。


一応施工説明書にざっと目を通す。いつも通り熟読せず困ったら調べ直す方向のいつものオレ。これから施工説明はYouTubeのURLを記載して動画で見せてくれよ。

一応頑張って二人で持ち上げようとしたが、こんなん二人で持って大きさの違う脚立にそれぞれ登って取り付けとか危なすぎる。


てコトで、悩んだ結果

ハシゴ部分を取り外してみた。
浅く説明書読んだ感じでは、どうせあのネジ緩めて後でハシゴの高さ調整必要な感じだし、いっそのこと取り外してしまえと。



なるほど、コイツが重てーんだわ。

枠とハシゴとに分解したら、重さ的にどうにかなりそうなので、
取り付け位置の施工をしていく。

ああああ。もう取り返しつかないよ。こわっ。

ハシゴ自体が33kgだし、そこにオレの体重をドンっ!オッケー。100kgオーヴァー!
こわいので思いつく限りの補強をしておく。

で、まずは枠だけを取り付けるのだが、一度仮置きした時に引っ掛けるL字金具滑らせて枠落としかけた。そのトキ脚立に乗ったままのオレが片手で枠を掴んで落下を防ぐ。


思わず親方と顔見合わせたよ。オレすげえって。


今まさに電車に轢かれそうな赤ちゃん救い出した気分。
スーパーヒーローかよオレ。


で、また落とすとイヤなので急いでビスで固定するスーパーヒーロー。

うほっ。いい感じじゃない?
ほらね!オレのようなド素人は何でもかんでも自作すればいいってモンじゃないんだよ、と自作しなかった言い訳ばかりが口をついて出る。


水平もみて

オッケーオッケー。なから大丈夫。


嬉しいので、試しにハシゴつける前だけど、フック引っ掛けて下に下ろしてみると・・・。


固定されない・・・。
結構なバネの力で上に引っ張られてるぞ。


なんか降りてきたトコロでカチャっとロックされなくていいのアレ。


急いで説明書をイチから読み始める。が、何か間違ってる気がしない。
でもあのまま使える気もしない。


マジか。コレどうすんだよ?


よくわからなくてイライラするので、ここはチロルとイチャイチャして落ち着こうと試みる短気なスーパーヒーロー。
プロの仕事ぶりに学んだはずの整理整頓はドコいった的な現場の汚さは目をつぶってください)


この日は問題を解決できないまま帰宅したのでした。

ガルスパンNEO-Jを張り終えてやった

なんだか張りやすいぞ。ガルスパン。


窓(開口部)さえなければ、1日で4面全部張り終える自信があるよ。たぶん。
そしてこんなド素人がやってもそれなりにキレイに仕上がる。


ド素人のDIYでガルスパンなんてプロが住居で使うような壁材で本当にいいのかよ?とか不安しかなかったけど、こういうガルバの雰囲気好きで、コストが許すならDIYに向いてる壁材だと思った。
楽天で買えたし。ポイント17倍ついたし。


少なくともレッドシダー物置小屋の杉野地板よりは断然張りやすかった。
嬉しい誤算。


あ。でもきっと多くのセルフビルダーにとって、ガルバとか素材的にもコスト的にも邪道なんでしょうけど。


ウチはイメージ優先なのとガルバ使ってみたかったって感じで。


よーしじゃあ残り一面。かかってこいやっ。

オープニングからやる気が感じられない女性陣。
親方(ヨメ)が外にいて日向ぼっこをしてるコトからだいぶ暖かくはなってきているのだ。


やる気がないだけならまだしも、すげえ邪魔な位置にいるし。
今日ソコの作業ですけど。


ガルスパンのその前にあのガラスのトコ。
ガラスを抑えるための枠の面が揃ってるため、雨だれが窓ガラスを乗せている下の木枠に直接落ちてしまう。そこで水切りを少しだけ前に出してつけてみた。

見た目的にアレだが、オレにしては珍しく見た目より機能を重視する。

さらにこの後、一番上にLIXILの笠木を仮置きして、一番上の胴縁と止縁を屋根に登って取り付けた。


さあガルスパン。
「かかってこいや」はいいけど、窓(開口部)ない面に限るってば・・・。
この面しょっぱなから窓じゃねーか・・・。


窓周りの止縁&小口カバーをカットして、

んもう!メンドくさいんだってば。窓。

窓の上だけ小口カバー。残りは止縁。


「そこで日向ぼっこは作業の邪魔なんですけどっ!」って言ったら少しだけズレた女性陣。

やっとガルスパンだよ。前準備に手こずったわ。
胴縁とか何気に面倒なんだってば。早く壁張りたいのに。


開口部の加工はお手のモノ♪

パイルダーオン。

あ。でも窓がこの面の一枚目なので入れやすかったかも。
張ってる途中に開口部があると、こっちサイドからスライドしにくいのよ。

昼前になってしぶしぶ起動する親方(ヨメ)。ヨメに捨てられたチロルが日向ぼっこを誘う。

3060mmの高さに3000mmのガルスパン。
下の水切りとスターターで少し持ち上げて、上から止縁でまた若干かさ上げして、最後LIXILの笠木で覆う。これでどうにか。あんまいいやり方じゃない。


てか設計の時にそこまで考えられなかった。


ガルスパンは笠木の下に入り込むのがスマートだと思うが、わずか60mmの為に4000mmのガルスパン買ってカットってのも・・。ね。

い・い・で・し・ょ・う!


オッケー。次!

・・・。


なんか、すげー細くなってるけど・・。
いいのかよ?アレ。


折れないように慎重に運んで、

おお。パイルダー、オッケー。


て、天才かな?


コーナーキャップ(これ嬉しい)

開口部は一枚張るたびに「おおお。て、天才?」と写真を撮るので作業が遅い。


昼飯は親方が朝早くに起きて弁当を作ってくれた

うまうま。
いつもペヤングばっかり食ってられないよね。ありがとう。

何かおこぼれがもらえないかマンマークのチロル。


メシ食ったらガルスパン史上最大の開口部。
(とか言ってるけどやることはあんま変わらない。デカイだけ。しかも下ないし楽)

ただ、この開口部の周りの止縁が、仮合わせして採寸してるトキちょい離れたら(おそらく赤鉛筆を取りに行った)


ガンっ!て音がして嫌な予感が。

わお。 \(^o^)/


やってもうた。デッキの下まで落下した止縁(3030mm)曲がっちゃった\(^o^)/
よりによって一番長い部分を作るってのに。


一応止縁は1本だけヨビで多めに買ってあった。さすがオレ。
あの曲がったのは曲がった部分だけ切り落として何かに使う。ガルバの端材もあるし。
もう失敗は許されない。

「やっちまったのか?ん?」と様子を見に来たチロル。


デカイ窓にも止縁つけて、


いちいちコーナーキャップで記念撮影。

あのブスな隙間が綺麗に隠せるなんて。
コーナーキャップさまさま。

親方が「ブログ用に写真撮ってあげるよ」と珍しいコトを言うのでお願いする。
ちなみにヨメはブログ書いてるのは知ってるが読む気はないらしい。

3枚撮ってオレに飽きたらしく、その後はチロルの写真が10枚ほど続く。
愛されてんなあ、オレ。

10枚続いたチロルの何てことない(かわいい)写真の最後に2枚だけオレの写真も追加されてた。
なんかすみませんね、チロルのついでに撮っていただいて。

てか

ここがガルスパンのラスト。歓喜の瞬間。


初めてのガルスパン終了!

おおおおおお。見事にまっくろけ。
唯一人が通る可能性のあるのはここの道(私道ですが)

ガーデニングとかだと「Welcome!」とか看板作ってる人多いけど、ウチはしょっぱなから「OFF LIMITS(立ち入り禁止)」だし、人から見えるところは真っ黒け。
ATフィールド全開。


ATフィールド全開なオレですが、ガルスパンの張り終えが、どれだけ嬉しかったのかが撮った写真の枚数に現れています。
本当はもっともっと沢山あるけど厳選してお届けします。

あ。コーナーカバーつけてない。

こんな感じでコンコン軽く叩いて入れ込む。


それではガルスパン施工終了記念写真集を披露させていただきます。
胸焼けしない程度にご堪能ください♪

胸焼けとか大丈夫でしたか?



あとで写真見直して軒の張り出しの部分はレッドシダーの方が良かったかな?とか、色々目につきますが、どうしても気になったら後でまた考えればいいや、と。


とりあえずは安堵と充実感で胸いっぱいです。
これで新緑の季節にはもっと美しくなるとワクワクしてます。


これで過去のことを記事にしてきたブログもようやく現実に追いついた感じ。


やることはまだ山積してますが、週1〜2回の素人作業のため、とんでもなくスローペースです。
現場に行ってからやる気出なくて、ただ悩んだりチロルと遊んだだけで帰ってくることもしばしば。


2017年1月に思いつきで写真の整理がてらこのブログを初めて、最初の方は記憶も曖昧だし割と一気に備忘録として書き上げて、その後ほぼ1日1回のペースで過去のことを記事にして投稿をしてきましたが、ここでしばらく更新ペースが落ちます。


今までこのブログを読んでくださった皆さま、コメントくださった皆さま、本当に有難うございます。(あ。終わりじゃないですよ?)
今後ともよろしくお願いいたします。


更新が週に一回になるか月に一回になるかわかりませんが、適当な感じでまた思い出したトキにでも「進んだかな?」と覗きに来ていただければ幸いです。


2017年3月のこと。