マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

完成前のベースで炎天下BBQの巻

なんちゅう暑さかと。
もう夏なんですね?夏と考えていいんですね?


週末にヨメ(親方)の友達が訪ねて来ました。
このブログはセルフビルドや山に関すること以外は書くつもりないんだけど、一応ほんの少し作業もしたので記録。


ヨメの長い付き合いの友人だが、オレも以前紹介されてから意気投合してるので、ヨメに客を任せてオレだけ山へって訳にもいかず、二人でO・MO・TE・NA・SI。オモテナシ。


土曜日の夕方訪ねて来た友人は外国人(アイルランド人)。


名前は仮にJJとしておく。


日本が大好きで日本で仕事もして(外資系の会社のIT技術者)税金も日本に納めているほぼ日本人なJJ。


せっかくこんな田舎まで来てくれたので、田舎なりに美味い店に連れて行きたかったが、チロルいるとどっか外でメシって訳にもいかず、ヨメが前日と当日の昼に色々準備した料理でオモテナシ。


JJと話すのはすげえ楽しい(なぜならヤツが日本語バリバリだから)
オレはこの週末家に外国人を招いているってのにほぼ英語喋ってない。


とにかく話題も豊富で日本語バッチリなので話すことは尽きない。
夜遅くまで3人でワイワイと。


翌朝、地元の温泉(そこそこ有名)にJJを連れてって(ガイジンは温泉大好き)一応駆け足で地元の神社なんかも見せておいた。


This is オレノ ジモト。


で、昼メシは、
まだ何かと未完成だけど(てか思いっきり工事現場ですが)ウッドデッキでBBQでもしましょうか。


色々美味しいお店だったり、もっと観光地的なトコロにも連れて行ってあげたいが、ウチはチロルがいるので人の多いところ行きたくないし。人の多いトコはオレもイヤ。
すまんな。

(一応セルフビルドの経緯や写真なんかは前もって見せていたが)それでもJJはいたく感動して「ワオ!コレFaceBookニ アップシテモ イイデスカー」とベースやデッキからの眺めなんかを写真撮りまくってた。


「もちろんオッケーだJJ。何も知らなかった夫婦がたった二人で1年半かけて作ってるって絶対に書いてよね!」と。


「オオ!モチロンデス!」とアップした記事を見せてくれたが、すまん何書いてあるかわからねえ。


この日はあまりに暑かったので(現場にモノを増やすと、また作業のたびに移動するの面倒だが、フローリングを貼ったアソコならもうそうそう移動はないでしょう、と)物置小屋の冷蔵庫を持ち込んだ。すげー冷える!
夏はやっぱ必需品。

メインベース完成したらこれじゃ小さすぎてアレなので、もう少しでかい冷蔵庫を投入する予定。


JJから「オー!ナゼ レイゾーコ アメリカノAIR FORCE?」
「・・・」
「なんかすまん、デザイン的にカッコいいと思ったからだ・・・チロリアン空軍基地・・」


炎天下でBBQ。写真では伝わらないが暑くてうだる。
オープンウィンの開口部の上と横にデッキ上にタープを張ったり、ハンモックかけられるような金具を買ってあるが、まだつけてないので日差しが・・・。

(なんかまた赤飯がみえる。好きすぎだろ?赤飯)


それでもJJは人っ子ひとり通らない、車も通らない、この環境(セミは喧しかったが)に満足してるように見えた。
「リラックスデキマスネー サイコウ!」と。


ちなみにJJもリタイアした後は田舎暮らしがしたくて、タイにすげえでかい土地を買ってあって牧場にするんだとか。(既に色々始めてるっぽい。今度はタイに遊びに来いとしつこい)


なんていうか規模が国際的すぎるだろ・・・。


ムスメはちゃんと日陰をキープ。いいこ。

すげーいい匂いするよな。許せ、チロル。人間用の味付けは食わせられねえ。
(味つける前のキャベツはもらって食ってた)


アウトドア的な食事をしてまったりした後は、オレはちょっと抜けて作業をさせてもらう。

バスルームの最後の2列+ちょっと。あそこだけやっちゃえば、もうあとは水道屋さんの出番。


もうフローリング貼りの最後の部分も慣れたもんでサクッと。天才かよ。

ラスト一枚は3cmくらいだったので、225mmのフローリング材を使わずに天井の残り(75mm幅)を使った。(いずれもバーチ)


ラスト2列は斜めにステープルやビスが打てないので、赤い壁付近同様タンドリビスの天打ちで。

ここに便器が設置される。
バスルームは225mm幅というフローリング材(通常の3倍)だったのであっという間だった。
すげえ楽だったけど雰囲気は60mmの方が好き。(そう思わないとやってられない)


あとは水道屋さん任せます。オレもう魂抜けてます。


まったりしながらダラダラお喋りして「JJ!アレ知ってる?あの曲」「オー!イイネー。ジャア コンドハ ワタシノ バン。チロチャン コノキョクハ?」とYouTubeで80年代の曲(洋楽)なんかを交互に流しながら。

ここんトコ作業的に飛ばしすぎたから、久しぶりにここでのんびり過ごした。
(あ。GWにもBBQしてたわ)

コンデジで撮ってるからアレだけど、完成したら三脚立てて一眼でちゃんと撮影する。
モデルルームのパンフレットのごとく。

真っ黒けで窓も少ない(工場チックな)後面と側面も狙い通りと言っていいでしょう。

なんか窓越しにチラッとみえる赤い壁。すげえいい感じだわ。
素人だからと無難にまとめようとせず(白のままでもよかったのに)、素人ながらも(デザイナーでもないのに)賭けに出たトコロなので何気に嬉しい。
(スプレーはなかったことにして)

スクリーン取り付けたところも外から見てまあ許容範囲。

当初、1年くらいでできるかなとか漠然と考えていたが(物置小屋がおよそ6ヶ月かかって、メインベースは大きさが約2倍なので)ここまでで1年4ヶ月ほど。
(着工は2016年3月10日だった)


ああ、そうだ。勝手に振り返ってたけど、まだ完成してないんだった。


そしてこの日は作業もほとんどせずにBBQしてゆっくりしたつもりだったが、コレ書いてる今現在カラダの疲れはまったく楽になってない。


年取るとこんなにも回復しねえもんなんだなあ。




おまけ(なぜ日本人は(てかオレは)英語を喋れないのか)


JJにも聞かれたが「なぜ、日本人は6年以上(中学高校と)学校で英語を勉強してるのに喋れないのか?」と。
オッケ。オレの意見を言っておこう。JJ。よく聞けよ?


中学高校程度の勉強しかしていない(しかもマジメになんてやってない)オレが、外人と英語をネイティブのように喋ろうとするのは、すげえ恥ずかしいからだ。


オレはりんごを「エアポゥ」とは言えない。あれは「アップル」だ。
同じく水を「ワラァ」とは言えない。それは「ウォーター」だ。


店に入って「ワラァ プリィーズ」とか水を注文したり、肩をすくめて両手を広げ「ハハァ〜ン?」とか、軽く舌を噛むように「th」の発音を試みるオレは、きっとアイデンティティが崩壊する。


「ここでタバコを吸ってもいいですか」と英語で聞かれ
「もちろんだとも!」と英語で答えるオレ。
去り際に「素敵な1日を!」と英語で言い残して立ち去るオレ。


完全自我崩壊。こんなキザなセリフ言うようだとオレじゃなくなる。
誰なんだ?と。
(sure!とか Have a nice day!の使い方と訳し方に問題あるってのは聞こえない)


英会話教室が少人数制とかマンツーマンっていうのは、この辺の恥ずかしさをできる限り取り除くためだとオレは想像する。


ある年代以上の日本人が、英会話教室で他の日本人もいる前でネイティブっぽくしようとするのは、恥ずかしくて無理なんだよ。


おめえバリバリの日本の田舎もんだろ?
どうしたん?ネイティッブぽくしちゃってさ、ププッって声がコダマするんだよ。


有名なコピペだけど

2: イス攻撃(群馬県)[] 2013/12/11(水) 19:45:05.02 ID:euVLgJjJ0

英語で言ってんじゃねーよ

お前はあれか? 帰国子女ってか?

英語話せるからって芋を「ポティトゥ」とか、トマトを「トメィトゥ」とか、卵を「タメィゴゥ」とか言ったりするんだろ

ムカつく


7: マシンガンチョップ(石川県)[sage] 2013/12/11(水) 19:48:19.73 ID:yTfJ+4BK0

>>2

卵はエッグだよ


こうゆうコトがオレが英語喋れない根源だと力説しておいた。


そして日本に来る外国人は、案内所じゃない場所で、そこらの善良な市民に当たり前のように英語で話しかけるな、と言っておいた。テロかよ。


なぜ日本に住んでる日本人のオレが日本国内において、英語で話しかけられて英語喋れないってだけで、謝らなきゃならんのだ。(謝らなくてもいいです)


結構昔だが、ヨメと銀座行った時。
こっちは今オレが銀座にいるってだけで緊張してるのに突然話しかけてきた外国の方が。
マジか・・・。オレ英語喋れるような顔してねえだろ?


少なくともオレが海外に行ったらガイドブック片手でも、片言でも、その国の言葉で話しかける努力をするぞ?


突然「Excuse me ,Can you speak English?」と聞かれ
ファビョりながら「オウフ...ソ、ソーリー。ア、アイ キャント スピーク イングリッシュ。ソ、ソーリー  デュフフww」と。


オレ喋れませんって必要もない謝罪までしてるのに、続けて


「お前の持ってるカメラは最新のニコンか?」と英語で聞いて来るバカ。
(コレは一緒にいたヨメが通訳してくれた。ちなみにヨメは英語がそこそこ喋れる。留学経験もあるし今現在も英会話教室行ってる。頼もしいったらありゃしない。海外行ったら絶対にヨメから離れないですオレ)


「イ、イエース。ジ、ジス イズ ブランニュー ニコン ネ ! サンキュー! デュフフww」
と英語で答えるバカ。


顔真っ赤っかだぞ。汗噴き出したぞ。どうしてくれる。


買ったばかりのカメラをむき出しで持ってたオレが迂闊だったのか?


ヘイ!ユー!日本語を勉強して出直してこい、と英語で言ってやりたかったのにファビョった姿を見せただけ。


「Yeah! I love Nikon.Very Cool!」と言われて、頷きながら満面の笑顔を返したけど。
ジツは悪い奴じゃねえなオマエ。


あああ。思い出したから書いちゃうけど、一度JJの友人のオーストラリアから来た家族(可愛い子供4人含む)と日本に住むJJの友人(もちろん外国人)とJJと、なぜかそこにオレとヨメとチロルで集合した時、オレとチロル以外の全員が英語でカンバセーションしてた。

▲後ろでリード持ってるのがオレです。写真に顔も映してもらえないほど存在感を消すオレ。


なんだったらチロルも「わんわん!」じゃなくて「バウワウ!」と言ってた気もする。
裏切り者めっ!


▼まあ夜になれば(ヤメてた酒もこの日だけ特別に解禁。飲まなきゃやってられねえ)コッチのもの

(ベロ出して一番楽しそうなのが英語喋れないオレです・・・)


とてつもない疎外感を感じながらも、懐いてくる子供達(そして喋れないって言ってんのに話しかけてくる)に英語で返してあげられないのが、悔しくて切なくて、家に帰って速攻でコレ買った。(楽天ポイントで)▼

何も知らない、やったこともない、オレがセルフビルドであそこまで出来るんだぜ?
やる気になったオレを見とけ!
たかが26個のアルファベットの組み合わせの言語だろ?


やる気にさえなれば、犬から大統領までを「He(彼)」で済ます言語なんて楽勝だわ、と。(おいっ!)


次に会った時はオレだってイングリッシュでカンバセーションだぜ、とルー大柴みたいに息巻いていたが。


買って一年以上。1ページも読んでない。


アレだね、こういうモチベーションは長く続かないもんだね。
よくセルフビルド続けて来たわオレ。


今これらはヨメが英会話教室の際にたまに利用してくれている。


なんだかセルフビルド関係ない、英語に対するコンプレックスと愚痴を長々読んでくれてありがとう・・。(後で「おまけ」部分は削除するかも)

ちゃんと次からは作業について書こうと思います。