マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

番外編:写真で遊んでみた

セルフビルドカテゴリーのブログを一応は自負していて、でもチロルと遊ぶための作業(セルフビルド)だから日本スピッツカテゴリーにも一応参加して。


そんなブログも何かと迷走しながら今度は写真のことも少々。


もともと仕事で使う用に職場にデジタル一眼レフ(一番最初のCanon EOS Kiss)あったんだけど、カメラに何の興味もないオレは触ることもなかった。(特殊なレンズがついてたし)


もう10年以上も前ですが、あるブログでガンダムのおもちゃを一眼で撮影している人がいて感動した。なんかすげえクオリティでおもちゃ撮影してる!と。


で、職場のカメラを使って真似ておもちゃ撮ってみたら面白くて面白くて。
徐々にカメラのコト(F値とか絞りとか)わかる様になってきた。


職場のカメラを普段から持ち歩くわけにもいかないので、カメラ好きな叔父(父の兄:会社社長)に一眼レフ欲しいけど何がいいだろう、と相談したら、NikonD80をプレゼントされた。(してやったり)
叔父はNikon派。


もう嬉しくて嬉しくて。何でも撮った。目の前にある飲みかけの缶コーヒーから灰皿までスベテが被写体。


その叔父に撮った写真をプリントして見せて褒められてどんどん伸びるオレ。
叔父が今度は新しいの買った(NikonD300)からと、お古のNikonD200をくれた。


最初のD80をヨメ専用機にして(一応ヨメも一眼使える様になった)オレはD200をメインカメラに。いいカメラだった。
しばらくD200使ってたら叔父が新しく買ったD300よりD200の方がしっくりくるから交換しろ、と。訳も分からずD300ゲットした。マジか。


ここまでオレはレンズを買ったのみ。
現在は5年ほど前に出たD800を初めて自分で買ってメインカメラにしてる。

(状況によってD300も使ってます)


で、楽しくて楽しくて写真は撮りまくるけど、だんだんと伸び悩む。
最初は褒められて自分でもすげえと思ってた写真も、他にはもっともっといい写真を撮る人がアマチュアでもいっぱい。


写真撮るためにヨメとあちこち旅行したが(チロル飼う前)徐々にスランプに。
何だか撮った写真に満足できなくなってきた。


でも、写真の楽しいのは普通に撮るだけじゃなくて、撮影した画像で色々遊べること。
特に今はパソコンで簡単にかなりのことができる。


その一例をちょっとご紹介。


多分何年も前にネットで流行った写真の中ではみ出す写真にする遊び。

▲どうでもいい様な写真もうまくくり抜いて遊ぶ。

▲撮ったけど大した写真じゃないな、の中から切り抜いてはみ出させたら面白そうって写真を選ぶ

▲Photoshopというソフトもこうして遊びながら使える様にしていく

▲トリックアートの様な写真に加工するのが楽しくて。

▲こうやって遊ぶのに向いてる写真はないか、探しまくって一通りやりきるとすぐ飽きる。


あと今でこそiPhoneとかスマホでも標準装備されているHDRという技法。
HDRとはハイダイナミックレンジのことで、要するに明るくて白く飛んでしまう部分と、暗すぎて黒くつぶれてしまう部分を合成により補う感じ。


昔は今みたいにスマホで自動では出来ないから、特殊な技法でHDRにしてた。


三脚使って露出を変えた写真を数枚撮る。


例えば

▲工場は割と写ってるが明るすぎて空が白く飛んでいる


同じ位置から露出を変えて撮ると


▼空は青く写っているが、今度は工場部分が黒くつぶれている

こういう露出を少しずつ変えた写真5枚とかを専用のソフトで合成すると

なんだかおどろおどろしい写真ができる。若干禍々しい気持ちになるがコレは弄りすぎてるため。もう少し自然になる様な調整も可能。


スマホのHDRも基本はこういう事を全自動でしている。
もう少し自然に見える様に加工してくれているが。
原則は白とび黒つぶれをなくす補正。


当時はやりすぎるくらいが面白かった。絵画の様になるのが面白くてつい。


▼これもHDR

写真やってる人ならわかるが、空の色と鳥居を同時にあんな感じでは撮れない。
空を重視すれば鳥居は真っ暗。鳥居を重視すれば空は白とび。


同じ写真もちょっといじると

こうなる。
デジタルの恩恵。


カメラを趣味する人に年配の人が多かったのは、機材の値段(特にフィルム時代は)あとは自由になる時間、そんなんが若者に向いてなかった。
そりゃ金持ってて時間のある人しか無理だろ、と。


でも今は一眼だって主流はデジカメ。何枚撮ったってフィルム代、現像代はかからない。
最初にカメラさえ買っちゃえば後は何枚撮影しようと金かからない。
そしてちょっとググれば撮影の仕方から、色んな面白い写真の加工もいっぱい。
ビバ!デジタル。


▲これも普通に撮影したらありえない写真なんだよ。
これがHDR。


もちろんHDRももう飽きたけど。やり方も忘れたし。


あとはデジカメにはホワイトバランスといって白を何に合わせるか(電球、蛍光灯、曇り、晴天とか)の機能があって、それをわざと間違える写真を撮ってみたり。


通常の月(月食時)ホワイトバランス( WB)はオート。これがまあ正解として

NikonD300| AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR | f/16 | 1/100 |
※トリミング済み WB:オート(AWB)


▼WBを変えるだけで何も加工せずに

NikonD300| AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR | f/16 | 1/60 |
※トリミング済み WB:曇天(Cloudy)


▼さらにWB変えると

NikonD300| AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR | f/16 | 1/60 |
※トリミング済み WB:蛍光灯(Cool White Fluorescent)


▼しつこいけどもう一枚

NikonD300| AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR | f/16 | 1/60 |
※トリミング済み WB:白熱灯(Tungsten)


Photoshopなどの専用のソフトがなくてもWBとかをいじるだけで(カメラの設定だけで)ここまで違う写真が撮れたりする。



そしてオレのライフワーク。
ガンダムやスターウォーズのおもちゃ写真がメインだが、たまには

おーとこにはー じぶんのー せかいがーある

たとえるならーそらをかけるー

ひとすじーのながれぼしー

ルパンザサー


このルパンの曲は大人になるまでずっと途中のコーラスは「ルパンルパーン♪」って歌ってると思ってた。
まさか「ルパンザサード♪」と歌っているとは。
オレが何かで教えられて、あまりにショックだったので、ヨメにも教えたら(ヨメも案の定「ルパンルパーン♪」って思ってて)ショックのあまり言葉を失ってた。


世の中には知らなくていいこともあるんだ、と。


何でも興味を持ってハマると(後で飽きちゃうコトも多いが)トコトンいっちゃうオレなので、セルフビルドもここまできたんだと思われ。


反面、興味のないことは信じられないくらい何もできない。
未だにウチのオーブントースターと洗濯機はまったく使えない。


冷蔵庫の中のマヨネーズやカラシを見つけられず、タンスの中の靴下やタオルも探せません。


おっと、日本スピッツブログとしておまけのチロたんも(こっちが今現在のライフワーク)


▼犬かき特訓中のチロル

▼その顔wwwwwww虐待してるみてえじゃねえかwww

▼町内でお祭りあって町全体がお祭りムードの時はアタシだって

▼秋にはちょっとシックな装いで

▲背番号2


犬飼うまでは「犬に服着せるとかどうかしてるぜ」と思ってましたが着せます。
着せちゃうもんです。
なぜって?
かわいいから。(犬種によっては寒さ対策とか色々理由はある様です)


てのはアレで、


そもそもは、チロルは白いので山や雪の時は服着せないとマダニなどの虫や汚れがスゴいのと、一度雪遊びのトキ服着せないでトンデモないことになったので、懲りて服着せるようになりました。

一度着せちゃうと「他にも可愛いのがいっぱい」と思ってつい。


ここ5年で考えると間違いなくオレよりチロルの方が服に金かかってます。


大雪降ったトキ(服着せずに雪の中放ったら)

いやっほーい!

▼何だかオレが一人でぐるぐると楽しそうでチロルは飽きてるように見えます

で、散々遊んで帰るトキに

な、なんだ、コレ?
け、毛に・・・
大量の雪玉が・・・・


コレ案外取れなくて苦労しました。
これに懲りて服を着せるようになったのです。


あとは山でのマダニとバカ(植物の種子)
服着ててもつくけど、服で結構な部分隠れている方がマシなので。


今、過去の写真のバックアップしていることもあって、セルフビルドでもない日本スピッツでもないコト(カメラや写真)も書かせてもらいました。


お付き合いありがとう!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。