マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

2017年 夏休みの日記 リベンジ編 Episode I

あんなに楽しみにしていたお盆休みは、わずかな晴れ間に師匠とプールではしゃいで楽しかったが、イマイチ納得してない。


それはスベテ天気のせい。


オレは楽しむ準備万端だったのに。天気のヤロウ。


親方(ヨメ)も同じくで、不完全燃焼気味。


しかもここ2年夏休みは作業の勝負所と、ほぼ遊ばずに小屋作りに費やしてきた。
もういい加減夏休みに作業はしたくねえ。
その思いであそこまで頑張ってきたのにあの天気。


チロルと楽しく遊ぶための拠点としての小屋作りのせいで、チロルと遊べないのは本末転倒。辞書で「本末転倒」の例文に使っていいよ。


確かに長期の休みは終わったが、オレらの夏はまだ終わらない。(若者向けのフェスかコカコーラのCMちっくに)
天気予報を見て先日の木曜休みに「そうだ、カヤック 行こう。」(あのテーマ曲で)


水曜仕事終わって(その後さらに親方の英会話教室終わるの待って)夜遅くにまずはマウンテンベースへ向かう。


今回も大好きな本栖湖に行くつもりだが、地理的には「自宅マンション→途中にウチのマウンテンベース→本栖湖」だし、何よりタープとかの道具が全部山なのでまずは山で一泊。


とはいえ、明日早起きしたいし、到着が遅かったので映画も観ずにさっさと就寝。
朝、タープとかマットとか色々必要なものを準備していざ本栖湖へ。


実は昨夜山へ向かう途中雨が降ってきたり、朝出かける時間もポツポツ降ってきたりで、テンションだだ落ちだった。
行くだけ行ってみて向う着いて雨だったら引き返して作業しよう・・・。
オレ神様ぶっとばすわ。いい加減にしねえとヤっちまうよ、あんなもん。


本栖湖着いたら雲は多めだが眩しい太陽がっ!
オッケー。神様もオレとの勝負を避けたな?それでいいんだよ。
(どうかバチは師匠の方へ)

▲受付を済ませタープ張る場所確保して一枚。午前8:00ごろ。


さあ、まずはタープを張って陣地確保してからカヤックだあ!


あ。


ペグ忘れた・・・。


ここは午後風強くなったりするから少し長めで固い地盤もイケるソリステがよかった。
久々のデイキャンプだと忘れるわ。
石にコードを固定も考えたが、そこらには何の役にも立たない小さめの石しかないし、風で飛ばないようなデカい石を探しに行ってここまで運ぶ気もしない。


親方(ヨメ)に受付にペグないか見てきてもらう。
その間にオレはカヤックの組み立てを。

▲おう。なんだっけ?コレ。どうすんだっけ?しかも日差しが・・暴力的。


カヤック組み立ての動画はパソコンにダウンロードしてあるから、それ見ながら組み立て開始。
てか日差しが強すぎて画面がよく見えないし、動画見ながらカヤック組み立てとか、素人感丸出しで恥ずかしい。
こういうのは周りが見てる中で涼しい顔してサクッと組み立ててこそオトコ。

安西先生・・・画面が・・・よく見えません。

汗が・・・。安西先生、体から出る汁が止まりません。病院行ったほうがいいですか?


もう写真など撮っている場合じゃなくヒーヒー言いながら組み立てて、カヤック組み立て途中だけど、親方買ってきてくれたペグでまずは日陰を。
日陰をください!死んじゃう。

ペグとしては、ちょい短い気もするが贅沢言ってる場合じゃない。
石混じりの地面に最適って書いてあるからこれで。

タープも2年ぶりだが、こっちは何とか体が覚えてた。タープはサクッと。いいぞオレ。

早速日陰に女性陣を避難させてオレはカヤックの組み立て後編へ。

覚えてねえもんだな。ドコにどっち向きに座るのかも覚えてない。
しかも映像見ながら組み立てたハズなのに、棒が二本余ってますっ!
安西先生!棒が!二本もっ!これってヨビですかっ?

(のちに映像は430cmのカヤックの解説でうちのは460cmのでフレームの数が若干違うことを思い出す。余ってる棒(フレーム)もちゃんと所定の位置に行きました。予備のワケがねえ)


体から汁という汁が出まくった頃ようやく完成。ほぼ同じ時間に来た若い夫婦の団体は、とっくにタープ立てて、湖でひとはしゃぎしてるってのに、鈍臭いオレ・・・。


ひとっ風呂浴びるように湖にチャポンと入ってから、


さあ、いよいよ出航。夏を取り戻せっ、オレ。

チロたんも2年ぶりのカヤックで若干緊張気味。
そしてカヤック乗ってからの写真は3年前の写真使ってもわからないほど、代わり映えしない。

富士山に向かって漕ぎ出すこの感じ。これぞ本栖湖。
本栖湖は確かエンジン付きのボートは禁止なのでなお良し。
水はとんでもなく綺麗。最高だわココ。


途中、日差しが強くなると頭に水をかけられるお姫さま

▼そしてUVケア。過保護のチロル。

▼上写真を撮影してる舞台裏

チロルが可愛くて笑顔が止まらないオレ(48)
タオルに闘う感じが。


プカプカと湖面に浮きながら空を見上げて一服。

当たり前ですが、ちゃんと灰皿に。タバコのポイ捨てとか絶対に許しませんよ。
うめえ。


周りは意志が弱くてどんどんタバコやめていくけど、オレは意志が強いのでやめない。


衝撃だったのは(かなり前だが)舘ひろしが禁煙のCMに出てたこと。
あの裏切られた感ったら・・。


当時どれだけの子供らに悪影響与えたかってくらい「タバコ=悪い大人のかっこよさ」を体現してた人なのに。


西部警察(殴る殴る蹴る蹴る車横転する何か爆発するヘリで渡哲也到着みんなで一服するってドラマ)なんてどっから見ても舘ひろしは犯人より悪かったしカッコよかった。
彼がタバコ吸うだけでシビれてたのに。


そんなに何でもかんでも道を外さず、余計な情報に溺れて表面上清廉なフリをする品行方正な人生なんて何が楽しいんだ。(ああ、炎上とかナシの方向でどうか)


余計なコト言ってないでカヤックへ

チロたんも慣れてきて

無理やり顎を乗せて「アタシだってくつろいでる」フリをしてみたり。


▼舵を富士山に取れ! カヤック王に!!! おれは なるっ!!!

やっぱ白のカヤックカッコいいなあとしみじみ思ったり。
(ブログに載せると滅多にない色だし顔も出してるので、こういう人の多いトコ来てバレる可能性もあるけど、まあもし気づいたらこっそりクスクス失笑してください。くれぐれも指差して笑わないように、どうかひとつ)


とんでもなく楽しいんですけど。


これぞ夏休み。リベンジしてやった。


あまりに楽しすぎて整理するのもウンザリするほど写真も撮ってあるし、疲労困憊の上何だか仕事も忙しくて更新も遅れ気味です。


ボチボチ整理しながらセルフビルドはちょいお休みして続きを書いていこうかと。
どっちみち今週日曜日は仕事で、次に作業するとしても月曜日だし。


Episode IIにつづく。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。