マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

「納車の儀」に際しまして

平成30年11月29日午前6:30頃、チロル合衆国に不審なエテ公の侵入を許し第一種警戒態勢中のチロル合衆国兵士の皆さん。


さて、
平成最後の師走。みなさまお忙しいですか?
チロル合衆国も平成最後の師走を大変忙しくしております。
(チロル合衆国に「平成」って概念があるのかはさておき)


何が忙しいって、
チロル合衆国国民の祝福の日「納車の儀」の準備すよ。


新車をディーラーから買ったり、割とちゃんとした中古車屋さんから中古車を買うなら、必要ないことかもしれませんが、個人売買に近いような購入の場合、納車の際に陸送してもらって名義変更までお願いすると5~6万かかりそうなので、自分でやれることはやってその金を浮かして、車中泊にぜひ欲しいポータブル電源とか買っちゃいましょうそうしましょう。


買った車を自分で取りに行く場合、すぐ近所なら問題ないのですが、遠方の場合、


 ①積載車をレンタルしてトラック(積載車)に積んで運んでくる
 ②買った車を運転して帰ってくる


ですが、②の場合、もし名義変更前の帰りの道中に事故でも起こしたら保険はどうすんだって話です。


そこでチンピラ先輩から貴重なアドバイスが。


車取りに行く日決まったら先にコッチでその日から保険入って、名義変更した後に保険の変更手続きをすればいいんだよ
と。


マジか。そんなこと思いつかなかったわ。


もう車両代金は合衆国の公費負担ではなくオレの私費THE リレーつみたて」からハンコと通帳持って引き出して、すでに支払っているので車検証のコピーを送ってもらいます。


チンピラ先輩が、自分がご贔屓にしている保険会社に事情を話して「その車でその保険の掛け方で大丈夫です」と確認してくださったので、車検証のコピーを送って手続きを開始。


なんて頼りになる先輩なんだ。


あとは出来るだけ速やかに名義変更(「名変の儀」は12/13をご予定)を終えたいので、名義変更に必要な書類の準備も始めておくのだよ。


戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだシャア・アズナブル


自分で名義変更をするにはググれば丁寧な解説サイトがあるので、それを見ながら
オレが事前に用意するものは、

  • 印鑑証明
  • 車庫証明

らしい。他の書類は当日、および前所有者が用意する書類でオッケー。


印鑑証明はともかく、車庫証明が…
もうね…
平成も終わるって世の中でふざけんなレベルで「車名」「車体番号」「車体の大きさ」と「住所」と「氏名」を書かされる。

コピー&ペーストって技術がある事を知らねえのか?このやろう。
Web上でやらせてください…。
「車体番号」なんて書き過ぎてまだ他人の車の10桁の車体番号の数字暗記しちまったぞ。


百歩譲って「氏名」は手書きとしても(だったらハンコいらねえだろ?)住所とか車の大きさとか手書きである必要は微塵もないじゃないか。


もうオレは「車名」「車体番号」「車体の大きさ」「住所」「氏名」のゴム印を作ろうかと思いましたよ。


何枚も何枚も「車名」「車体番号」「車体の大きさ」「住所」「氏名」書かされて、段々適当になっていって最後の方はガイジンのサインのような筆記体になっちゃってコレ他人が読めんのかよ?ってレベルだけど。


さらに暴走気味のオレは、メルカリで買ったスタッドレスタイヤが車より先に届いちゃったわ、

同じく、メルカリから車の鍵をつけるキーホルダーも買っちゃったわ、車に手を加えるための諸々はボチボチ届き始めているわ、何だったら車引き取りに行って帰りの道中にかける音楽も用意して、分かりやすくワクワクが止まらない感じです。


少し落ち着け…オレ…。

平成最後のになぜサザンかって?


それはね、
この前うっかり「関ジャム」でサザン特集してるの見ちまったからです。


そんじゃあ「ちょwwwところでテメエ一体何の車買ったんだよ!」って想像しながら「納車の儀」の記事をお待ちください。


明日は朝から車庫証明を取りに行って保険会社に行って、車引き取りに電車納車の儀の地へ向かいます。


あ。
くれぐれも過剰な期待は禁物ですYO。


親方(ヨメ)の許可も必要なのに、ブログのネタのためにふざけた(笑える)車など買いませんコトよ?
ごくごく常識的な範囲の自動車でございます。


それではみなさん、ごきげんよう♪


PS.
チロル工務店オフィシャル「2019年こそ本気出すカレンダー」の7~9月を公開。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。