マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

メインベース 床作り①

今回のメインベース(仮称)の建築にあたって新たな武器としてエアコンプレッサーを導入。
合板を留める(釘打ち)、ルーフィングや透湿防水シートを張る(タッカー)、そしてメインベースは床材としてフローリングも張る(ステープル)予定なので、コンプレッサーの活躍の場は多いはず。


建築終わった後もおもちゃの塗装とか使い道はある。軽トラの全塗装も目論んでるし。



今回のメインベースはウッドデッキの上に建設する。普通では考えられない作り方だろうが、そこは自己責任のセルフビルド。


何よりウッドデッキを(上に建物建てるつもりで)プロに作っていただいたので、基礎はかなりしっかり作ってもらってあるし(自分らで作っていたらホームセンターの沓石とかで作っていたと思う)何より床の水平がいきなり取れているのだ。


素人のセルフビルドで最初につまづくのが「基礎をどうするか」と「水平垂直を取ること」だと思う。


それがいきなり出来ているのは大学までエスカレーターの有名大学付属小学校に受験免除で入学したようなもの(うん。ちょっと違うな)


ただしこのウッドデッキ基礎にも問題が。一年この山で過ごして気づいたことだが、秋から冬にかけて大量のカメムシが発生するのだ。


刺すわけでもないし害はないといえばないのだがなんせ臭い。
ティッシュで掴んで外に投げただけでもう手がずっと臭い。ずっと。
そしてヤツらは越冬するためにあらゆる隙間に入り込んでくる。


デッキの上に床を作ったらデッキは隙間があるので床下は大変なことになると容易に想像できる。おまけに建てちゃったらそこは掃除もできない。


どうしたもんか。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。