マジで?コレどうすんだ?

まったくのド素人が小屋らしきものを作ってみた

寒いんだってば・・

チロたん、自分のサイズ分かってます?
あなた猫よりデカくて重たいと思うのよ…(9.7kg)


ファンヒーターも近すぎて、チロたんのケツすげえ熱くなっちゃってるし。
それでもね、オレこんな幸せもねえのよ。


写真で薄々お気づきの通り、親方(ヨメ)は入院中のお母さんの病院行くので離脱。


三人揃ってる時はチロたんもこんな甘え方しないけど、オレかヨメどっちかがいないとこうなっちゃう…。
やっぱりホントは三人がいいよね。


んでも、
お義母さんの入院中は、しばらくチロルと2人のマウンテンベースだからね。
ヨメもオレとチロルのお世話をしてる場合じゃねえの。


そこそこの降雪後、一旦気温上がったのだが(雪だるまもお陰様で崩壊したし)ここ数日はまた寒いのなんの。


北陸(福井)の大変な積雪のニュース見ると「寒いくらいで何言ってやがる!」と思わざるを得ませんが(大雪で大変なコトになってる方々に心よりお見舞い申し上げます)仕事終わりで山に向かう時の気温が

マウンテンベース到着後は

外気温-6.8℃。室温2.4℃。
キンキンに冷えてやがるっ・・・!!


ただ冬寒いのは(この地域はこのくらいだって)分かり切ってるコトなので、大雪に比べたら正直大騒ぎするようなコトではないです。


ちなみにマウンテンベースとか山とか言ってますが、自宅や職場のある地域の方が山より若干寒いです。
標高も実はマウンテンベースより自宅の方が高いし。


雪はどちらも豪雪地域ではないですが。


で、
この日は一本映画見て就寝。

大好きな映画でこれまでに何度も観てるのだが、
久しぶりに見た「ガタカ(GATTACA)」


そうそうゾンビばっかり観ていられるかってんだ。

・ガタカ(GATTACA)★★★★☆


近未来・・・差別は人種や皮膚の色ではなく、

すべては遺伝子によって差別も自分の未来も決まってしまう…。


ストームトルーパーのバカ(同級生)にオススメされて最高だった映画のひとつ。

(最近、彼はオレに「男はつらいよ」を超絶に薦めてくるけど、絶対に見ねえから)

出演:イーサン・ホーク、ジュード・ロウ、ユマ・サーマン。

未見の方には是非オススメしたい映画のひとつ。

タイトルは劇中での施設名であると同時に「アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)」から。


積雪あったトキには…

なんか、雪で階段渡れなくてひとりで帰って来られなくなっちゃったチロたんも

雪さえなければ、ちゃんとひとりで帰ってくる。
だってもうお姉ちゃんだから。(てか…おばさん。6歳:人間でいうと40歳くらい?)


吠えたりせずに「あたし、ひとりで帰ってきたから、貴様はココを開けたらいいと思うのよ…」の眼差しだけでオレを動かす。


かわいいなあ。


親方(ヨメ)いなければ、「今日はあなたが頼りです。懐いてあげてもいいけど…いいですか?特別ですよ?さあ…存分にかわいがりなさい」って

ぴったりくっついて離れない。
可愛くて可愛くてたまんないんだけど・・・


足痺れたってば・・・。
痺れて足ちょっとでも動かそうもんなら「グルルルル…」って超不機嫌に威嚇されるし。


彼女なりにオレを教育してるらしい。


朝、7時半ごろの気温

ぬわあああ。
一時期の暖かさ(朝の気温-0.8℃とか)どこいっちゃった?


窓も

ここはペアガラスなのでガラスは結露も凍りもせず問題ないが、周りのアルミ部分!


ペアガラスでもなんでもない固定の大きな一枚ガラスは…

車のフロントガラスみたいなガリガリに…。


玄関部分の(オープンウィン(上記サッシ)が高すぎたのでこっちはケチって)シングルガラスのサッシも

ガラス部分も結露が完全に凍ってます。

爪でひっかくとガリガリしてやがるんだよ。


チロたん帰ってきても

ワイドショーのモザイクみてえなコトに。


て、コトで次回「おや?何か届いたようです」に続く。


おまけ

そういえば伊豆旅行記事の時に「画像アップロード」したのに使い忘れてた写真をば。

▲なんか夢中で匂い嗅ぎまわってたら、勝手に斜面の罠にハマって緊張中…。
完全フリーズ状態。

▲オレを見つけて笑顔で救助の要請中。


自力で降りろよ、そんな斜面wwww
(一応救助すっかってオレが斜面の下まで行ったら、なんとかオレ目掛けて自力で降りてきましたwww)